FC2ブログ
旅行やガーデニングやイルミネーション、インテリア、ショッピング等々のはまっていることについて色々書いていきます!また、こだわりの家づくりについても書いていきます

北欧のおしゃれなアパート
ブログを書き始めてから 9年目
この頃は ブログを書く人も読む人もめっきり減ってきてます
偶然にもフラワーアレンジメント教室の生徒さんが ブログのフラワーアレンジメントの見て
ブログを書いている私がわかって ファンですって言って頂いて光栄でした
9年にもなると ブログネタもなくなってきて 
旅ブログを見てもらっているようですが
海外インテリアの紹介がメインとなっているのが 申し訳ないような気がします

職場の上司は 家を建てたいとピタホーム パナホーム
設計士 米本建設などにプランをお願いしたのですが
プランで気に入った設計士の53坪で5500万提示のプランは  
パイルが2~300万追加で 消費税前の駆け込みで人件費が高くなるので6500万になるのではと
パナホームも50坪で6500万ほど
ピタホームは43坪で5500万ほど
もっとも気に入らなかったプランの米本建設は 
壁式コンクリートで坪単価はもっとも安かったのですが
プランが論外で断ったようです
私的には 坪単価の安い米本建設のプランを修正するのが
もっともいいような気がして 数回勧めたのですがだめでした
でも フラワーアレンジメント教室の生徒が家を建築中で
完成が年内のはずが 来年の4月 最近になって7月と伸ばされたのが
米本建設だったので 米本建設に今からお願いしてもいつになるやらで
しかも ガレージのサイズをミスするようでは米本建設を断ったのは正解ですね

消費税前の駆け込み建設が多くなって 工賃が更にアップ
今や RC住宅は坪単価100万以上 鉄骨住宅も同様で100万以上
木造住宅を立てる方が増えてたのも納得です
木造住宅は年々増えてきて
一戸建て住宅の着工件数は29年度の木造住宅は29.15% RC住宅は48.2%
今年30年度は 9月までの資料では 木造住宅は36.15% RC住宅は41.7%となってます
このまま 建築費が高止まりするのかはわかりませんが
RC住宅は 今年来年は建築するのはやめたほうが良いのではと思ってます
どうしても家を建築したいなら 木造をお勧めします
耐世年数が長いRC住宅は2世代に渡って住む方はすくないのでは?
子供に譲った家は 住めても建て替える方が多いのでは?
建築費が高くなった今となっては RC住宅にこだわる理由はないと思うのですが
木造住宅でも台風に強い家は探して ローン返済の無理のない範囲で建築することをお勧めします

今回は 北欧インテリアの好きな方には参考になるのでは?と
ストックホルムのアパートの紹介です
回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます

the-plans-1_201509070646260ce.jpg

apartment-Scandinavian-design_20150907064453f7f.jpg

design-living-room-41.jpg

design-living-room-61.jpg

design-living-room-9.jpg

design-living-room-10.jpg


kitchen-3.jpg

kitchen-5.jpg

kitchen-6.jpg

kitchen-11.jpg

kitchen-21.jpg

kitchen-51.jpg

apartment-living-room.jpg

modern-apartment-1.jpg

modern-apartment-9.jpg

modern-apartment-51.jpg

modern-apartment-612.jpg

the-plans-1_201509070646260ce.jpg









 

おしゃれな間接照明
フラワーアレンジメント教室の生徒さんが家を建築中で
色々とアドバイスしているのですが
おしゃれな間接照明もいいのではとブログにアップすることに

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます

間接4

kan_02.jpg

AT37217L_x1.jpg

gT8R4DN8Nc6c.jpg

gy09.jpg

2AAA3058IP.jpg

2AAA2731IP.jpg

2AAA2729IP.jpg

2AAA2259IP.jpg

awst0175_1_20151219141022329.jpg

gy09_201512191411021b4.jpg

ENTRY_0_48c38d6cd050a.jpg

8560ca05446c2d5ca62e46f46d8d55f8.jpg

0211.jpg

7f64772a0dd9ea55bd3e0791160c85541.jpg

25kusatsu-202.jpg

07.jpg

03_20151219141128026.jpg

lighting_051221_08.jpg

hn04.jpg

in1s.jpg

gT8R4DN8Nc6c_201512191412001f1.jpg

fe067f9c16724d14b05292e95741e6291.jpg

0910-13b.jpg

0422_11.jpg

photo_35.jpg

ph_01.jpg

f2769bbd7d2f9ccee8de085bb96f2a09.jpg

101_20151219141312906.jpg

日光東照宮とわたらせ渓谷鉄道 3日目
10月27日 日光東照宮とわたらせ渓谷鉄道3日間ツアーの最終日
ホテルから浅間酒造観光 長瀬ライン下り 羽田空港発日本航空にて那覇空港到着

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます

所沢ビレッジで朝食
DSC04515.jpg
紅葉が美しかった
DSC04520.jpg

DSC04521.jpg

DSC04523.jpg

DSC04530.jpg

DSC04536.jpg
長瀬ライン下りを楽しみました
DSC04537.jpg
残念ながら秋祭に染まる渓谷美ではなかった
船頭さんの手漕ぎで進む豪快な舟下りとなりました?
DSC04538.jpg

DSC04542.jpg

DSC04544.jpg

昼食は美味しかった
DSC04547.jpg

その後 渋滞に巻き込まれなく
楽しいベテランガイドさんの素敵な歌や面白おかしいガイドで無事羽田空港に到着
無事トラブルもなく那覇到着となりました

 

旅行 2日目
10月26日金曜日
伊藤園ホテルニューオオタニでビュッフェスタイルの朝食後
いろは坂が時間が遅くなると渋滞するため昨日 日光炉ばたづけ鬼怒川店の前倒しで行きました
らっきょう漬けをお土産で買いました
朝8時に出発 
昨日は 夜遅くて紅葉がみれなかったのですが
綺麗な紅葉を見ることができました

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます

DSC04395.jpg

DSC04396.jpg

DSC04399.jpg

DSC04406.jpg

中禅寺湖を車よりご見学と日程表にかかれてましたが
中禅寺湖畔をバスで回るのかと思っていたら
左が中禅寺湖ですと 湖畔を回ることもなく見れた景色がこれだけでした
楽しみにしていたのに これだけなら日程表には書いてほしくなかった

DSC04410.jpg

DSC04411.jpg
華厳の滝に到着
平日の朝早くの到着で エレベーターを並ぶことなく乗ることが出来ました
右に半袖のかりゆしウエアを着ているのが添乗員さん
長袖持ってなくて 半袖でがんばりました
寒くないとのことです
DSC04412.jpg

下の展望台からの華厳の滝を写しました
水量が多く 紅葉も相まって良かった
DSC04413.jpg

DSC04417.jpg

DSC04420.jpg

DSC04422.jpg

DSC04425.jpg

DSC04426.jpg
上の展望台から写しました
DSC04427.jpg

DSC04428.jpg

DSC04430.jpg


下りのいろは坂 まだ渋滞はしてません
紅葉の名所とのことですが あまり綺麗とは思わなかった

DSC04434.jpg

DSC04437.jpg

DSC04439.jpg

DSC04440.jpg

DSC04441.jpg
日光東照宮に到着
中学の修学旅行以来で40年ぶりです
東照宮専属のガイドさん 赤の上着の方がガイドしてくれました
赤の上着が制服のようであちことでみることが出来ました
平成の大修理で本殿は修理中 後ろは布に書かれた本殿の絵です
中は見学できたのですが 写真は禁止でとれてません
お参りをして 匂い袋のお守りを買いました

DSC04444.jpg

日本を代表する世界遺産「日光の社寺」。
その中でももっとも有名な「日光東照宮」は徳川家康がまつられた神社で、
現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたもの。
境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並び、その豪華絢爛な美しさは圧巻です。
全国各地から集められた名工により、建物には漆や極彩色がほどこされ、
柱などには数多くの彫刻が飾られています

DSC04445.jpg

DSC04446.jpg

五重塔
DSC04448.jpg
陽明門です 平成の大修理が終わって華やかに蘇って綺麗です
DSC04449.jpg

日光東照宮は、動物をモチーフにした彫刻が多くあるのも特徴です。
「三猿」の彫刻があるのは神様に使える馬「神馬(しんめ)」がいる神厩舎です。
この神厩舎の上部に8面に分かれて猿の彫刻があるのです。
そして、この面は一連のお話になっており、それは人の人生を表しているのだとか
こちらは、「見ざる・言わざる・聞かざる」で有名な三猿の彫刻
大修理で鮮やかな色彩に復元されてました
DSC04451.jpg

上神庫の妻(側面)に狩野探幽作といわれる2頭の象が描かれています。
右側の象は三日月形をした目、独特の表情や耳を結わえた金の金具、
左の象は体毛がマンモスのようにフサフサそして尻尾が3本に分かれています不思議な象ですが
実は象を見た事がなく想像で描いた「想像の象」と云われています。

DSC04461.jpg

IMG_2943-1024x682.jpg

上神庫・獅子の像・狩野探幽

日光東照宮の境内にはあちこちに「灯籠(とうろう)」があります。
灯籠 の数は全部で121もあるそうです。
すべて、当時の諸大名の奉納によるものだそうです

DSC04464.jpg
日光東照宮は、江戸幕府初代将軍・徳川家康公を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を祀るお宮です。
死後も江戸の真北にあたる日光(鬼門)から幕府の行く末を見守ろうとした家康公の社は、当初は小さなものでしたが、三代将軍・家光による造替(ぞうたい)により、現在のような豪華絢爛な姿になったといわれています。境内にある国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建築物には、どれも芸術作品のように見事な細工が施されています

生まれ変わった「陽明門」
2017年3月、国宝「陽明門」が44年ぶり、4年間をかけた大修理を終え、色鮮やかによみがえりました。


DSC04465.jpg
DSC04466.jpg
陽明門  昨年大修理を終え当時の絢爛な姿を見ることが出来ました
高さ11m、間口7m、奥行4m、前面の上部には後水尾天皇より賜った「東照大権現」の額。
1日中見ていても決して飽きないということで、別名「日暮らし門」とも呼ばれています。

明治維新まで、庶民はくぐることが許されず、陽明門の前に土下座をして東照宮を拝んだのだそうです。
極彩色の見事な彫刻にはさまざまな想像上の動物もいます。
よく似た麒麟(きりん)と竜馬の見分け方は、麒麟は1角で牙を持っている、
竜馬は2角で牙がないのが特徴です
DSC04467.jpg


DSC04470.jpg
陽明門は12本の柱で支えられる12脚門で、
うち1本だけほかの柱と渦巻の紋様が逆さになっているのが「魔除けの逆柱」
これは、完成すれば即崩壊が始まるとの古事から、
門がいまだ未完成だと表すためにわざと逆にしたというのが通説です

DSC04473.jpg
 陽明門は東照宮のみならず、我が国の社寺建築を代表する建物です。
その最大の特徴は、一切の空間を埋め尽くすかのように施された、おびただしい数の彫刻にあります。
ところが、この数が正確には知られていないのです。数
年前までは、その数325と言われていましたが、誰が調べたのか、いつの間にか最近では約400と称しています。
 正解は幾つなのか?改めて陽明門の彫刻を数えて見た結果、独立した彫刻が508体。主なところでは、唐獅子【からじし】66・龍【りゅう】45・鳳凰【ほうおう】40、人物の彫刻が42、植物では菊61・牡丹54。
 建物の軸部である柱や梁などには、牡丹唐草・波・七宝つなぎなど、地紋と呼ばれる文様の彫刻が施されており、この数が132間。これらを一つ一つ見ていては、本当に日が暮れてしまいます。しかし、何故か地覆【じふく】と呼ばれる最下部の部材のみ、一切の装飾が施されていないのです

DSC04474.jpg

日光東照宮の眠り猫
眠り猫とは日光東照宮の回路にある建築装飾彫刻作品のことをいいます。
日光東照宮の建物にはさまざまな動物の彫刻が見られます。
その中でも猫好きの中で有名な「眠り猫」は文字通り、眠った猫の姿を彫刻したもの。

なんでも眠り猫は踏ん張るような体制で眠っているため、
徳川家康を守るために寝たふりをしながら、
敵が襲ってきたときにいつでも飛び掛かれるように待機していると言われています。
また、眠り猫は国宝指定を受けているほどの、大変有名で高貴な彫刻です
DSC04479.jpg
薬師堂(本地堂)の天井には有名な「 鳴き竜 」がいます。
龍のお顔の下で拍子木を打つと音が共鳴して鈴を転がしたように鳴くので「 鳴き竜 」と呼ばれています
堂内は写真禁止で鳴き龍は写せてません
DSC04482.jpg
金と銀の匂い袋のお守りを500円ずつで購入
お守りを購入したのは初めてで 
東照宮のお坊さんに勧められました

日光の境内にも紅葉しているところがありました
DSC04484.jpg

東照宮を見学後は日光名物の湯葉御膳の昼食となりました
美味しかった

DSC04487.jpg

昼食後は足尾駅から神戸駅までわたらせ渓谷鉄道に乗りました
渓谷沿いの紅に染まるゆく景色をのんびり眺めながらローカル列車を楽しみました
残念ながら 紅葉してなくて写真写してません
DSC04488.jpg
DSC04489.jpg
DSC04490.jpg

宿泊は草津温泉の中沢ヴィレッジ

部屋はとても広くて綺麗

DSC04493.jpg

DSC04496.jpg
ホテルから草津湯畑までバスが出てました
ライトウップされていて硫黄の匂いとともに白湯気が立ち上がる湯畑を散策しました

DSC04498.jpg

温泉街の中心に位置する湯畑は、草津温泉のシンボル。
毎分4000リットルの温泉が湧き出ていていつも湯けむりを舞い上げています。
湯畑の周りは瓦を敷きつめた歩道、石柵、白根山をかたどった「白根山ベンチ」など湯上がりの散策が楽しめる公園となっています
DSC04499.jpg

DSC04501.jpg

DSC04502.jpg

DSC04506.jpg
草津温泉を訪れた偉人たちが石碑に刻まれてました
DSC04509.jpg
夕食はバイキングでした

DSC04512.jpg


日光東照宮とわたらせ渓谷鉄道3日間
平成30年 10月25日から27日まで
日光東照宮とわたらせ渓谷鉄道3日間 ジャンボツアーズで旅行に行ってました


貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます

10月25日 木曜日
7:20 那覇空港出発 日本航空にて 羽田空港へ
9:40 貸切バスにて初秋薫る関東の旅スタートです

今回の観光バスのガイドさんは年配のベテランガイドさん
お話が上手で笑いあり 歌ありで車中でも楽しくすごせました
ジャンボの添乗員さんは 寒いにも関わらず半袖のかりゆしウェアで頑張ってました
長袖持ってないとのこと もちろんかなりの巨漢
面白い方でした
運転手さんも親切で良いスタッフに恵まれました
スタッフの機転がきいていて スケジュールを前倒しにして
いろは坂も渋滞に巻き込まれず 帰りの渋滞もなくスムーズな旅行となりましたが

今回の旅行で大きな不満がありました
ネットでツアーを申し込んだのですが
1泊目は鬼怒川パークホテルズで夕食が和会席のはずが
旅行1週間前に送られてくる日程表では 伊藤園ホテルニューさくらへ変更
楽しみにしていた和会席はなんとバイキングへ変更
宿泊料金を調べたところ 伊藤園ホテルニューさくらの1泊2食は鬼怒川パークホテルズと比較すると
かなり安かった
今回のツアー客は17名でかなり少なかったので
利益を出すためにホテルの変更だったと思われます
前もってのお知らせもなく日程表は1週間前の送付
キャンセル料金が発生するので キャンセルできず
夕食が2食ともバイキングならツアーの申し込みはなかった
不信感が一杯で11月の宮島のツアーはキャンセルしました

海外旅行では全く食事には期待していないのでいいのですが
国内旅行は 価格が高くても沖繩ツーリストがいいのかもしれません

浅草散策
雷門・仲見世通りなど下町情緒溢れる町並みの散策
以前に来たときよりも平日にも関わらず観光客が一杯で
しかも着物を着た観光客も多くいました
着物を着ると普段より数倍も可愛らしくなるようで写真をとりました


浅草散策前に昼食
天ぷら定食 普通に美味しかった
DSC04368.jpg

有名な雷門 松下幸之助が寄付した 
雷門に向かって右側に風神の像、左側に雷神の像が建っているため、「風神雷神門」と名付けられました。しかし次第に呼びやすく省略され「雷門」と通称されるようになったようです
雷門の提灯について
雷門の大提灯は、日本の電器グループ「Panasonic」と深い関わりを持っています。
その関わりは1960年に始まります。その年、松下電器産業(今のPanasonic)の創設者である松下幸之助は病気に悩んでおり、治癒を願うために浅草寺に参拝に行ったそうです。
その後、無事に病気が治ったため、そのお礼として門及び大提灯を寄贈し、現在の雷門が成立しました。
その縁が続き、今も大提灯の下には、
松下電器産業(今のPanasonic)の創設者である松下幸之助の名前が刻まれています

DSC04369.jpg

着物着たシンガポール人? 
DSC04370.jpg

平日にもかかわらず人で一杯 これでも人混みを避けて写真をとってます
DSC04371.jpg

雷門を入って右手多分3軒目あたり
焼き立ての人形焼きが8個で300円で売ってました
おしそうなので買って食べました
焼き立ては美味しかったのでお勧めです
食べ歩きが出来ないので 店の前で食べるか 隠れて路地裏で食べるといいでしょう
DSC04372.jpg
浅草浅草寺
雷門をくぐると
宝蔵門があります
慶安元年、徳川家光の寄進によって本堂、五重塔とともに再建されました。
1945年の空襲により焼失し、現在の門は、再建された鉄筋コンクリート造の建物です。
仁王像が安置されているので「仁王門」と呼ばれていましたが、
再建後は収蔵室が作られ什宝物が収蔵されるようになったことで「宝蔵門」と呼ばれるようになりました。


DSC04375.jpg

本堂の手前に大きな香炉がありました
煙を頭に浴びている方が多くて 頭が良くなると思って頭に浴びました
後でブログを書くときに調べたら
その煙には効能があると言われていて、自分の悪いところに浴びると良くなると言うのです。
参拝者は痛いところや、病んでいる箇所などに煙を浴びると良いとのことでした

DSC04378.jpg
本堂・浅草寺
「あさくさでら」と呼んでしまいそうですが読み方は「せんそうじ」。
「お寺は音読み、神社は訓読み」となっています。
息子が結婚していないので 結婚でみますように
家族が健康でいられるように お願いしました
DSC04379.jpg

奥にみえるのが五重塔
DSC04382.jpg

本堂から写した画像 
DSC04384.jpg

スカイツリーが綺麗に見えました
DSC04386.jpg

DSC04387.jpg
浅草寺を後に鬼怒川温泉へ
伊藤園ホテルニューさくら もうがっかり
DSC04388.jpg

部屋も安いだけあってあまり良くない
DSC04389.jpg

鬼怒川パークホテルズ宿泊の和会席が なんてことはないバイキング料理へ
食の細い私にとっては最悪
DSC04391.jpg
温泉は平日とあって宿泊客が少なくて ゆっくり入ることができて良かったです




Copyright © はまりごと. all rights reserved.