FC2ブログ
旅行やガーデニングやイルミネーション、インテリア、ショッピング等々のはまっていることについて色々書いていきます!また、こだわりの家づくりについても書いていきます

トルコ旅行8日目 (グランドバザール)
10月20日8日目
この日が トルコ旅行最終日でした
長かったブログも今日で終わり

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村
ありがとうございます

ボスポラス海峡クルーズ後 
千年にわたって首都として栄えた世界遺産イスタンブール歴史地区観光となりました

ビザンティン帝国とオスマントルコ帝国の二大帝国の首都だった
イスタンブール旧市街は、歴史地区としてユネスコの文化世界遺産に登録


この建物は ブルーモスク
ブルーモスクだけど、全体的にパステルな色調
アヤソフィアのちょうど向かいに位置してます(ネット引用)

DSCF2593.jpg

モスク入り口

DSCF2597.jpg

「ブルーモスク」の名の方はがひろく知られるこのモスク、
その云われ内部の壁、天井、柱を覆う文様がほんのり青を帯びていることから。昔は全体的にもっと青みが強かったものの、近年の改修で天井などはより抑えられた色彩になっており、全体的に優しい色調で覆われています
一方で昔から残っている壁のイズニックタイルなどははっきりとした青が美しく、
これもまた見どころの一つです
(ネット引用)

DSCF2598.jpg

門や窓に施された真珠母とべっ甲の装飾も美しく、
こちらは設計を担当した建築家の1人、セデフキャル・メフメット・アーという職人の手によるもの。
そしてカリグラフィーは当時の有名な能筆家、アフメット・グリバリが担当したもので、
このようにモスク内はさながら博物館のように、レベルの高いオスマン芸術が堪能できるのも特徴

(ネット引用)

DSCF2601_1.jpg

その後 トプカプ宮殿を観光
写真撮影が禁止の所が多くてあまりいい写真がありません

6枚のみブログにアップ

トプ カプ宮殿は 370年もの長きにわたってオスマントルコ帝国の繁栄を支えてきました。
宮殿自体は ヨーロッパのゴージャス宮殿な比べると、
強大な帝国・オスマントルコの宮殿にしては思ったよりはがっかりだったのですが
宝物館の財宝は 見応えがあります
左の門(帝王の門)は宮殿を訪れた人を最初に迎えます
帝王の門を進むと庭があって右の門(表敬の門)があります

KC3X0442.jpg KC3X0443.jpg 

KC3X0452.jpg KC3X0454.jpg 

トプカプの敷地は基本的に庭園がベースになっており、
その脇に小さな部屋がいくつか並んでいたり、
キョシュキュと呼ばれる離れとしての小さな建物がいくつかあ
るだけ(ネット引用)

KC3X0458.jpg KC3X0463.jpg

1111

ハレムのタイルが美しいと効いていたのですが入場料が必要なので見てません
宝物館にある86カラットのダイヤモンドとトプカプの短刀は有名です
画像がないのでネットからお借りしました

これが スプーン職人のダイヤモンド
漁師が拾ったダイヤの原石をただの石と思って、
スプーン職人とスプーン3本と交換してしまったという
86カラットのダイヤモンド
世界で7番目に大きいダイヤモンドとの事
周りには、小さなダイヤモンドが囲んでいて、その数49個

1118

これはトプカプの短刀
この短剣の柄の部分には 世界最大級の緑のエメラルド3個がはめこまれているとの事

1117

そのほかよだれがでそうなぐらい素敵なアクセサリーが一杯でした
写真がないのでここからは宝物館の財宝をネットから写真をお借りしました

1116 1115

1114 1113

1112

宝物館には オスマントルコ帝国がその栄華を極めた象徴ともいうべき宝物がザクザクあります。

その後アヤソフィアを外観のみ観光
アヤソフィアはビザンチン帝国時代に教会として創建
オスマントルコ帝国時代はモスクに
イスラム教が偶像崇拝を禁止しているため
内部のモザイク画は漆喰で塗り固められ、イスラム装飾が施されます。
礼拝の時間を呼びかけるミナレットと呼ばれる塔が建物を囲むように4本建てられ
トルコ共和国に入ると、アヤソフィアは宗教施設でなく、博物館として開放されます
漆喰で塗り固められたモザイク画も修復作業によって次々と日の目を見ることになり、
アヤソフィアは美しいビザンチン美術とイスラム美術の傑作が混同する博物館に変身。
1985年には、イスタンブール歴史地区の一部として、ユネスコの世界文化遺産に登録されました

(ネット引用)
世界文化遺産なのに ブルーモスクの向いにあるのに
外観のみ観光となりました


写真を写したつもりがないので 画像お借りしました

1006

その後市内のレストランにてシーフードの食事をとりました
この地ビールは まずい 不味すぎて残した
生ジュースをとれば良かったと後悔
スープは美味しい

DSCF2604_1.jpg DSCF2605.jpg

イカの天麸羅
DSCF2606.jpg DSCF2607_1.jpg

多分 魚が入ってたはず

DSCF2608_1.jpg DSCF2609.jpg

昼食後は イスタンブールでの一番の楽しみ
グラン・バザールでの買い物でした
1時間30分と時間が短くて 目移りて何も買えず残念な事に
グラン・バザールの入り口 ヌルオスマニエ門

KC3X0432.jpg

いま思えば クッションも陶器もランプもテーブルクロスも買いたかったなー


帰国後 ブログを書くために調べると国内価格 結構高い
娘にプレゼントしたパシュミナ¥1000だけど
評判がよくて もっと買っとけばよかった
枚数買えばもっと安くなったのに

クッションも2枚1000って言ったのに買わなかった
結構 国内では高いだよね

KC3X0433.jpg


グラン・バザールでの自由時間が短くなったのは
現地で00:50のトルコ航空がダブルブッキングのため
急遽 エミレーツ航空になって出発が19:25分なったせいなのかなーって思ったりしてます


帰国は トルコ航空で関空(飛行時間11時間05分) 
関空から那覇空港(飛行時間2時間)だったのが

エミレーツ航空になって19:25分発 ドバイ着00:40分
ドバイ発AM3:00 関空着17:10と1経由が2経由となりました
航空会社のグレードが上がったとの事ですが
座席はカタール航空より狭くて食事もまずいし足置きもなく不満
飛行時間も長くて ダブルブッキングの時は補償(お金)が出ることがあるとの事で
一時はビジネスかなーって思ったのですがエコノミーだし大したこともなく不満

添乗員さんが 帰港後補償があるかもしれませんと言っていたのですが
なんの音沙汰もないのでグレードを上げたことで帳消しになったようです

それにしても グラン・バザールのフリータイムが短くなったり(勝手に思ってます)
1経由が2経由で難儀だった事 グレードが高い航空会社の割に座席が狭く窮屈だったことを
考えると チョット残念でした

下の画像を見ると 結構買いたい物がある
今まで旅行に行った中では トルコが一番お土産がいいかも
価格も安いし 品質もいいし
それにしても 旅行前に買うものを決めていけばよかったとちょっと後悔

KC3X0436.jpg

エミレーツ航空の食事です
味はカタール航空の方が美味しかった
乗務員のサービスはいいです
座席はカタール航空が広い
ビデオはカタール航空に比べて日本語で見れるのが多い
長時間の飛行機(深夜なら)座席前が広いカタール航空がいいですね

DSCF2611_1.jpg  DSCF2612_1.jpg

DSCF2613_1.jpg

やっと トルコの旅ブログ終わります

ツアー客と仲良くなって楽しかった 見る所が多くて楽しかった
天気に恵まれてよかった トルコは物価が安くてよかった
治安もよく食事も安心して食べれてよかった

結構 忘れちゃって調べながらで時間かかりました
行程が前後しているのがあるかも

しばらくは 有給がとれそうもないので
旅行は行けません
来年こそは イタリアに行こうと思ってます
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © はまりごと. all rights reserved.