FC2ブログ
旅行やガーデニングやイルミネーション、インテリア、ショッピング等々のはまっていることについて色々書いていきます!また、こだわりの家づくりについても書いていきます

トルコ旅行 8日目(イスタンブール観光)
10月20日 8日目はイスタンブール観光

901


毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村
ありがとうございます

午前中は オプショナルツアーのボスポラス海峡クルーズに申し込みました
¥9000で高いので 迷ったのですが
1時間半ほどのクルーズで フリーにした方は時間が短い為
出かけることができず ホテルで待つ事になりました

思ったよりよかったので お勧めです

この日は 朝は晴れていたのですが午後からはお天気がくずれました
朝早いクルージングなので 結構寒かった
バスからの写真です
トルコはイスラム教徒ですが 一部の方は
長いロングコートにスカーフを巻いてます

トルコというとイスラム圏であり、男性はトルコ帽、女性は白い帽で顔を隠すイメージがありますが、
ルコ共和国の建国により、国立学校や国の機関でイスラム色を出すことを禁じました。
イスラムでは女性の頭髪は性的な部分なので、スカーフで隠さなければならないものですが、
大学ではスカーフ着用が禁止になっていました。
これが最近は解禁になったようです。
(ネット引用)

田舎では スカーフを巻いているかたを多く見かけましたが
ここイスタンブールでは少数です

トルコ人って色の黒いイメージがあったのですが
遠足の小学生を見かけたのですが 色白でした

ヨーロッパに近い為にヨーロッパからの観光客が多いです
特にドイツ人が多いとの事 ドイツまで飛行機で2時間55分 と言っていたような
観光バスはドイツ車のベンツでした

ヨーロッパの方もトルコの方も 日焼けをこのむようです
お洒落なガイドのメルさんは 日焼けして
ほりの深い真っ黒の顔に 黒髪を金髪にしてました

DSCF2491.jpg

イスタンブールについて
トルコ最大の都市であり、文化、経済の中心地。
人口は約1,200万人でアジアとヨーロッパの2つの大陸にまたがっています。
かつてローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国という3代続いた大帝国の首都です


午前は ボスポラス海峡クルーズとなりました
中型船を貸切
岸を離れた船はまずガラタ橋の下をくぐります。ガラタ橋は新市街と旧市街を結んでいま

DSCF2506.jpg

先に進むと1つのジャーミーが見えてきました。。
ドルマバフチェ・ジャーミー
ガラタ橋と同じく、オスマン帝国のスルタン、アブドゥル・メジト1世の母后ベズミ・アレムの命で、
1855年に建設されました。
彼女は自分の財産のほとんどを慈善活動に費やした女性でした。
 
DSCF2512.jpg

DSCF2524.jpg

DSCF2534.jpg

ドルマバフチェ宮殿

DSCF2536.jpg
 
オルタキョイ・ジャーミーの先にあるボスポラス大橋は、
1923年に誕生したトルコ共和国の建国50周年を記念して1973年に建設されました

DSCF2550.jpg

ベイレルベイ宮殿
DSCF2571.jpg

DSCF2577.jpg

往路はアジア側に沿って船は進みます

ボスポラス海峡沿いに並ぶ邸宅
素敵な別荘が沢山あります
アメリカのテレビドラマのミッシングの最終回
イスタンブールの街並みと別荘が写ってました
こんな白い別荘だった

DSCF2564_1.jpg

DSCF2563_1.jpg

DSCF2565_1.jpg

乙女の塔(クズの塔)
この塔はビザンティン帝国の時代には要塞として使われ、
やがて、灯台として使われるようになりました。
現在はレストランになっています。

DSCF2573.jpg
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © はまりごと. all rights reserved.