FC2ブログ
旅行やガーデニングやイルミネーション、インテリア、ショッピング等々のはまっていることについて色々書いていきます!また、こだわりの家づくりについても書いていきます

九州さくら紀行 3日間 2日目
平成31年  4月1日 月曜日
観光の日程は高千穂峡→ 真名井の滝→ 一心行の大桜→阿蘇の米塚天然温泉宿泊

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます

ゆふいん山水館で朝食バイキングを食べました
DSC05075.jpg

外は雪がちらほらと降ってました
由布院から熊本を通過して宮崎の高千穂への観光となります
途中 雄大な阿蘇山をバスから眺め 美しい桜もあちこちに咲いていて
ガイドさんのユーモアのあるお話をたくさん聞けてバスの中も楽しかった

DSC05083.jpg
阿蘇山です
DSC05085.jpg
高千穂峡へ到着
高千穂峡がある高千穂町は宮崎県の最北端に位置。
大分県と熊本県の県境にある山深いこの町は、
古事記・日本書紀にも記されている天孫降臨(てんそんこうりん)の舞台。
天上にいた天照大御神(あまてらすおおみかみ)が
孫である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)をここ、高千穂に遣わしたという神話から、
数々の神社やパワースポットが点在しています
階段で渓谷の下に降りてからの観光となります

DSC05087.jpg

DSC05089.jpg

今から12万年前、そして9万年前の計2回、阿蘇で大きな火山活動が起こり、
そこからの火砕流が高千穂町・五ヶ瀬川の峡谷沿いに厚く流れこみました

DSC05090.jpg

DSC05092.jpg

思った以上に広大でで神秘的でよかった
DSC05096.jpg

その堆積物が冷えて固まり、さらに長い年月をかけ、五ヶ瀬川に侵食されながら、高さ80~100mの断崖が約7kmも続くV字の大峡谷ができあがりました。
この大渓谷の正式名称は「五ヶ瀬川峡谷」

DSC05097.jpg

DSC05098.jpg

遊歩道を下流に進み、槍飛橋(やりとびばし)を渡ると、
高千穂三橋と呼ばれる神橋、高千穂大橋、神都(しんと)高千穂大橋が一度に見え
3橋を写真に収めることができました

DSC05100.jpg

DSC05103.jpg

DSC05105.jpg

DSC05108.jpghttps://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=1942#文字色

真名井の滝展望台から高千穂の目玉というべき
真名井の滝が見えます

DSC05112.jpg

渓谷の中をボートが行き来しています
名瀑は見下ろすだけでなく
大接近して 水面から見上げて楽しむこともできます

DSC05113.jpg

遊歩道の最終地点 桜はまだ咲いてません

DSC05114.jpg

この門をくぐると「神楽宿」。
神社の祭事の際に行われる神楽とは、
神座(かむくら・かみくら)が語源で、神の宿るところ・招魂・鎮魂を行う場所とされてきました

DSC05115.jpg

門をくぐったところも素敵な茅葺きの家がありました

DSC05116.jpg

DSC05117.jpg

DSC05118.jpg

食事処「神楽宿」の敷地内には、築260年以上の民家を移築した茅葺屋根の神楽宿や、
食事処のある宵殿屋敷(よどやしき)、昔の農機具など古民具を展示した歴史資料蔵などがあります。
宵殿屋敷で座敷で郷土料理をいただ来ました

DSC05119.jpg

満開の桜をうつしました
DSC05120.jpg

その後 バスを走らせて
一心行の桜 樹齢400年トイワレエリャマザクラは「田園風景の中にあり 一見の価値があります

DSC05122.jpg

DSC05145.jpg

DSC05128.jpg

「一心行の大桜」は、菜の花や阿蘇山とコラボした絶景で知られます
熊本だけでなく、名実ともに九州を代表する一本桜です

一心行の意味は、戦国時代の戦いに破れた武将の妻子が、
一族の霊を弔うため墓に桜を植えて一心に行を修めた故事が名前の由来。
一心行の桜とも呼ばれる、樹齢400年以上の山桜です

DSC05129.jpg

昨年の台風で被害を受けて 以前よりは枝ぶりが悪くなっているとのことです
阿蘇山の近くで標高が高いため 満開とは言えず五分咲き~3分咲きのような

DSC05134.jpg

お天気がいいので 満開では無いのですが
菜の花に映えて美しい

DSC05136.jpg

「一心行の大桜」のライトアップは必見とのことですが
画像を載せます

DSCF1346_20190412153100063.jpg

EA493D2ED5F444BE929C1B95F21F9B1F_LL.jpg

満開ならばこんな感じにみえるとのことです

25041037957.jpg

800_71260043_NEWS_PICTURE1_20140225203921.jpg

阿蘇の山々

DSC05141.jpg

バスの中からも多くの満開の桜を見ることができました
阿蘇山の周りをバスを走らせていたのですが
写真には写せなかったのですが 雄大で美しい景観が広がってました

DSC05149.jpg

下記2枚は 季節のいいときに阿蘇山周辺の画像でネットよりお借りしました
季節のいいときに再度阿蘇山観光に行きたいと思ってます

81306024011815.jpg

2ca8e06105f2ccbdc76df5a7e060c1ac.jpg

米塚温泉 阿蘇リゾートグラヴィリオホテルに宿泊
ゴルフ場隣接のホテルで 宿泊したときは韓国人だらけで
別館にある露天風呂付きの温泉は 外国人で混み合うので
ホテル内にも浴場があるのでそちらでどうぞとのことでした

83250251000000165.jpg

ホテル到着がなんと3時半で夕食まで3時間もあったので
ホテル内の浴場に早めに入浴
早すぎて たった一人でゆっくり入ることができました

IWwheE.jpeg

室内はビジネスホテルを広くした感じで普通

DSC05150.jpg

夕食はバイキングで普通

DSC05151.jpg

DSC05152.jpg

ジャンボツアーズにしては 1日の観光内容が薄くて不満が残った2日目でしたが
ゆっくりできたのでこれもありかって納得することに

3日目に続く
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL

Copyright © はまりごと. all rights reserved.