FC2ブログ
旅行やガーデニングやイルミネーション、インテリア、ショッピング等々のはまっていることについて色々書いていきます!また、こだわりの家づくりについても書いていきます

指宿温泉霧島温泉めぐり3日間 2日目
1月14日 土曜日
2日目
指宿温泉を出発して池田湖へ
九州最大のカルデラ湖に彩り鮮やかな黄色の菜の花が鮮やか

DSC02451.jpg

DSC02454.jpg


毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます

長崎鼻に行く途中の車窓から開聞岳がきれいに見えました
富士山を小さくした感じで1000m足らずと 
DSC02435.jpg

薩摩半島最南端(薩摩花)の灯台が見えます

DSC02438.jpg

薩摩半島最南端に突き出た岬より”薩摩富士”と呼ばれる日本百名山に指定される開聞岳の写真を撮りました
DSC02440.jpg

浦島伝説の地?
女性は 浦島を右回りで2回回って亀の頭をなでると願いが叶うとのことで
願掛けしました
DSC02443.jpg

小さな灯台なので中に入ることも上に上ることもできません

DSC02446.jpg

雄大な東シナ海が眼下に広がってます

DSC02445.jpg

釜蓋神社は澤穂希が願掛けしてから有名になったとのことで
有名スポーツ選手や芸能人も参拝に訪れる鹿児島を代表するパワースポット!
DSC02459.jpg

頭の上に釜を乗せて参拝すると言うユニークな参拝方法が話題の神社
頭の上の釜を落とすことなく鳥居から賽銭箱までたどり着けば
願い事がかなうとのことです 

DSC02461.jpg

沖縄ではかるかんはスーパーでも売られていて(100円ほど)
祝い事のお返しに紅白のかるかんを頂いたり
お盆のときには仏壇に供えたりと
日常よく食べるお菓子なので沖縄のお菓子と思っている方も多いと思いますが
かるかんは鹿児島銘菓とのことで購入職場にお土産として持っていきました
沖縄のかるかんのほうがしっとりしてはるかに美味しくて
鹿児島のかるかんはぱさぱさして職場では評判が悪かった

沖縄のお土産には かるかん購入をお勧めしますね

かるかん

枕崎お魚センターで昼食
カツオの漁獲高約5万トン誇る町
カツオのたたきは美味しかったのですが
カツオの兜は独特の風味が苦手で他の魚の兜のほうが好きですね

DSC02462.jpg

お土産として買いましたがとても美味しかった(700円たらず)
混ぜるだけセット

これは わさびがきいめちゃ美味しかったのでお勧めです
それと朝鮮あめもお土産で購入 美味しかった

わさびあられ

枕崎の火之神公園にある平和祈念展望台(戦艦大和殉難鎮魂之碑)に行きました
太平洋戦争末期の
枕崎市の遥か200km沖で戦艦大和が撃沈さ
昭和60年になってその沈没地点が確認されました。
枕崎市がそこから至近距離にあるということから
平和祈念展望台が建立されました。

DSC02463.jpg

灯ろうは戦死した方を弔ったもの

DSC02465.jpg

その後 知覧観光で特攻会館か武家屋敷通りのどちらかへご案内(OP ¥500)
ツアー客23名全て武家屋敷を選択しました

知覧はお茶どころとしても有名ですが
知覧は「薩摩の小京都」と称される江戸時代の面影を残す町で
武家屋敷群があり、7つの庭園が国の名勝に指定され公開されてました
庭園は7つのうち6つが枯山水式庭園(水を使わず砂や石で風景を表現する庭園方式)で
見学できます
武家屋敷通りといわれる道路は通り沿いに生垣と石垣が施され美しい

DSC02466.jpg

二つ家 上記の説明を参照
茅葺が風情があって 何か沖縄の赤瓦の家と似た感じがします

DSC02467.jpg

よく手入れされた生垣と石垣が美しい通りは日本の道100選に選ばれてます
高い生垣と敷地が高いため 通りからは家の様子がみえません

DSC02469.jpg

森 重堅 庭園
通りの一番奥にあって 唯一池のある庭園のある屋敷で
ここをはじめに見学して他の庭園を見学するのがいいとの事です

DSC02470.jpg

門のいたるところに門松?がありました
白はお餅だったような?
DSC02475.jpg

DSC02474.jpg

DSC02471.jpg

DSC02473.jpg

素敵な門 正面の石垣は沖縄のヒンプンにそっくり
後でネット検索すると 中国や沖縄の影響を受けているとのことでした
サツマイモも沖縄からの芋ですし さつま揚げも糸満のかまぼこからで
沖縄のかるかんは鹿児島から伝わったものと
薩摩と琉球はお互いに影響をうけていることがよくわかります

DSC02477.jpg

武家屋敷の一部は一般に公開されているほか
カフェや民芸店などになっているところもありました
いい感じのでこちらでおやつを食べること

DSC02487.jpg

席には沢山の火鉢が置かれて暖かかった

DSC02479.jpg

外には素敵なお庭がありました

DSC02480.jpg

主人はお餅を食べました この味付けは初めてでたれも餅もおいしくいただきました
これは かなりお勧めで武家屋敷を観光に来た際はぜひ食べてください

DSC02481.jpg

私は ぜんざいを食べました 寒かったので暖かいぜんざいは美味しかった

DSC02482.jpg

知覧の武家屋敷には 島津藩の下級武士が住んでいて
生活が苦しくて農業で生計を立てていて戦になると
鍬を刀や槍に変えて戦に行っていたとのことです
家は思った以上に質素です
庭は広くはないのですが 手入れがされていて素敵でした

DSC02493.jpg

沖縄のヒンプンと似てます

DSC02488.jpg

DSC02489.jpg

DSC02492.jpg

お土産屋さんの魔袁城にて職場のお土産を買いました
お餅が無難で美味しいと喜ばれました

DSC02495.jpg

武家屋敷観光を終え 霧島温泉郷へ
標高が700mほどなので雪ではと思っていたのですが
晴れてましたが寒かった
霧島ホテルに宿泊 大きなホテルです

DSC02513_20170118190514a31.jpg

ロビー
DSC02512_201701181905129de.jpg

お部屋は和室でアメニティーも充実していて
大浴場でお風呂に入ったのですが 
室内のお風呂も大きくていい感じでした

DSC02497.jpg

左右に区切られた部屋での食事となりました

DSC02502.jpg

お品書きで12種のメニューとなってました

DSC02503.jpg

料理は美味しかったのですが
特にステーキのお肉はとてもやわらかくて絶品でした

DSC02504.jpg

DSC02505.jpgDSC02506.jpg

DSC02508.jpg

食後 お部屋でゆっくりしてから温泉に入りました
大きなスペースの混浴の庭園の湯は19時:30~22時までは女性限定となってます
女性の湯は7か所もあって楽しめます

さすがに寒くて露天風呂は入らなかったのですが
全ての湯に入りました 
庭園の湯はたち湯で深いところで150㎝もあって
しかも 湯気で先が見えない状態で怖くてうろうろできず
庭園が全く見えない状態 庭園にする意味があったかは
はなはだ疑問
温泉もよかったし食事も美味しかったのでこちらのホテルはお勧めですね

img_free_01.jpg

12_201701190649562d8.jpg

14_20170119064955246.jpg

ブルーが男性ゾーン ピンクが女性ゾーン 真ん中が庭園の湯で混浴となってます

img_map.png



スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL

Copyright © はまりごと. all rights reserved.