FC2ブログ
旅行やガーデニングやイルミネーション、インテリア、ショッピング等々のはまっていることについて色々書いていきます!また、こだわりの家づくりについても書いていきます

3日目 ストックホルム観光 (北欧の旅)
この週末 定年退職した主人は友人たちと九州旅行 娘は日光観光でした
息子と二人なので 集中して旅行ブログを書き上げるつもりが
2日分 書いただけでまだ書き終えてません

定年すると いつでも旅行に行けるのが羨ましい
仕事を辞めてもいいのですが 薬剤師で結構高収入なので
お金をとるか暇をとるかで悩ましい
現在61歳 定年がないのでとりあえず年金が満額でもらえる65歳まで
あと3年半はフルタイムで働かこうかな~って思ってます
65歳を超えても パートで働くかもしれません

最初の子供は産休1ヶ月 2番めの子供は産休3ヶ月
転職するときでも長くても1ヶ月しか休んだことしかありません
仕事が好きか?と言われたら 多分お金が好き何でしょうね
稼がないと勿体ないと思ってしまうのだから

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます
9月23日 北欧の旅 3日目はストックホルム観光
豪華客船でヘルシンキからストックホルムへ到着
朝は市内観光 午後は世界遺産ドロットニングホルム宮殿観光となりました

ストックホルム発祥の地であるガムラスタン(旧市街)に行きました

ガムラスタンには、まるでおとぎ話の婚礼や戴冠式のシーンに出てくるようなストックホルム大聖堂のほか
17世紀以降の歴代のスウェーデン君主が眠るリッダーホルム教会など、
王宮に引けを取らない格調高い名所が数多くあります。
また、ガムラスタンには王宮や国会以外にも、素敵なレストランや驚きの詰まったミュージアム、
魅力的なカフェがたくさんあり、この小さな島がストックホルム最大の観光名所であることも頷けます。
曲がりくねった静かな通りや木造家屋が建ち並ぶ、
階段のある路地は、由緒ある商館がある広場へと繋がっています。(ネット検索)
朝は残念ながら曇りでした 
ツアーなのでもちろんゆっくりと散策はできません
可愛らしいショップも一杯あったのですが 入る時間もなかったのが残念です

DSC00282.jpg

ガムラタンはスコットホルム近郊のバルト海に浮かぶ島にあります
魔女の宅急便のモデルになったと言われます

DSC00283.jpg

DSC00284.jpg

DSC00285.jpg

DSC00281.jpg

DSC00280.jpg

12eu104_0077.jpg

昼食は名物のミートボールです 
スープが美味しかったのですが 画像なし
DSC00287.jpg

DSC00288.jpg

ガムラスタン地区にある王宮観光 近衛兵が歩いてました
DSC00289.jpg

ストックホルム郊外にある世界遺産ドロットニングホルム宮殿観光
ストックホルムからフェリーで約50分。白鳥が遊ぶメーラレン湖のローベン島にあり、
広大な庭園に抱かれて建つクリーム色の宮殿は、
その優美さから「北欧のヴェルサイユ」とも呼ばれています。
18世紀の姿がほとんどそのまま残されており
王宮、宮廷劇場、中国離宮、庭園が世界遺産に登録され、
王家の住まいを除く一部が一般公開されています。

drottningholm-palace.jpg

DSC00291.jpg

DSC00293.jpg

DSC00295.jpg

DSC00297.jpg

DSC00298.jpg

DSC00299.jpg

DSC00294.jpg

DSC00300.jpg

スウェーデンの人たちは、夏休みが始まったとたん、身の回りの荷物を詰めて、
いそいそと街を抜け出し、夏の家、森の別荘へと移動します。

スウェーデンでは、ごく普通の会社員の人たちでも別荘を所有しています。
といっても、そのレベルは様々で、小さなログハウスという程度のものから、
ゴージャスな邸宅のようなものまであります
最も一般的なスウェーデンの夏の家で、真っ先にみんなの頭に思い浮かぶのは、
ペンキ塗りのこぢんまりとした木のコテージです

別荘地区を散策 小さいコテージですがお庭が素笛です 

DSC00304.jpg
DSC00305.jpg
DSC00307.jpg
DSC00309.jpg
DSC00308.jpg

ストックホルム近郊のホテルに宿泊 ホテルの外観 こじんまりしたホテルでした
DSC00310.jpg

シンプルですが 北欧の布団はどこもふかふかで快適でした
羽毛布団? 
DSC00313.jpg

水道水が飲めるが嬉しいですね
スウェーデンの通貨はクローネで ペットボトルに水道水を入れて飲んでました
クローネに両替しても ユーロならともかく余っても使い道がないので両替は少額がいいでしょうね
物価が高くて 買いたいものがないが残念です
日本に住んでいると 良質で美味しいくて安いものも多いので
海外で買いたいものがなくなりますね

夕食はホテルでした 
結構ボリュームあります スープは飲んでしまって写してません
水は無料でビールは¥1200と高いので
今回の旅行では 飲み物はオーダーしなかった

DSC00314.jpg

DSC00315.jpg

DSC00317.jpg

メインの豚肉のステーキは柔らかくてとても美味しかった
DSC00316.jpg

ほとんどデザートのない格安ツアーですが
嬉しいことにデザートがありました
DSC00318.jpg

4日めに続く











スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © はまりごと. all rights reserved.