旅行やガーデニングやイルミネーション、インテリア、ショッピング等々のはまっていることについて色々書いていきます!また、こだわりの家づくりについても書いていきます

トルコ旅行 2日目その2(アンカラ観光)
901


いよいよ首都のアンカラ観光

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村
ありがとうございます



雲一つない青空 朝方は少し冷えるが(薄いカーディガン)
日中は30度近くまで気温が上がり日差しが暑い

アンカラ市街に残る二重に囲まれた城塞で 市内に残る最も古い建造物の一つアンカラ城塞に行きました
一杯 写真をとった割にはたいした写真がない

DSCF2051.jpg

DSCF2059.jpg

城塞からの眺め

トルコでは 金持ちは山の下に 貧しい人は山の上に住むと言われます

DSCF2054.jpg


DSCF2061.jpg


次は アナトリアン出土のヒッタイトの遺物が眠るアナトリアン文明博物館に行きました

特にヒッタイト時代の遺物を中心とした収蔵物で世界的に知られる博物館
博物館として使用されている建物はもともと隊商宿として建てられたもの

旧石器時代からヒッタイト、ギリシア、ローマ、ビザンチン時代の収蔵品が回廊にそって見学

ヒッタイト帝国は紀元前2000年頃にアナトリアに移住した
インド・ヨーロッパ語系の民族が築いた帝国で、
人類史上最初に鉄器の使用と優れた騎馬技術で大帝国を築くが、
紀元前12世紀頃に侵入した海洋民族によって滅ぼされたとされている(ネット引用)

博物館の庭
首なしの石像が おそらくは偶像崇拝を嫌う者に
破壊されたとのかしらと(勝手に解釈)
DSCF2062.jpg

博物館の入り口
DSCF2064.jpg

祭儀用の青銅器

DSCF2067.jpg

鹿の像
女性の神様 ちなみに男性の神様は牛
紀元前3000年代後半のもの (たぶん)

DSCF2070.jpg

レリーフ 一杯ありました

DSCF2072.jpg

ライオンとの事
おおきな猫にしかみえません
可愛いので載せました

DSCF2078.jpg

歴史に興味がないので 沢山 写真撮ったのですが
何が何やら解らないので多くを省きました

下の建物はトルコの建国の父が眠るアタチュルク廟 
車窓からの写真です
10月中旬のアンカラ 暑いです
この日の観光は これで終わり

DSCF2085.jpg

ホテルは5つ星ホテルに宿泊との事
狭っ ホントですか

DSCF2088.jpg

4つ星かなー
安い旅費なので 一応満足です

DSCF2087.jpg

夕食はホテルにて食べました
トルコ料理は世界3大料理と言われてます (他の2つはフランス料理 中華料理)

特徴として、

中央アジアの食文化である羊を中心とした肉料理
ヨーグルトやナッツ類を料理に使う
黒海、地中海などの海産物を利用する
地中海周辺で取れるオリーブオイルを使用する
アラビア周辺からひろがった小麦粉とアジアの主食である米の両方を使う

など、東西の食文化を融合させた多彩な素材、味、調理法を持つことが挙げられる

(ネット引用)

このスープは 旅行中度々出てきました
ほかにトタトベースのスープも出てきて
食べたトルコ料理の中では スープが一番美味しかった

それと白チーズも柔らかい食感で塩味が効いて美味しかった
トルコで最も代表的なチーズとの事です

フランスパンも常に出てきて美味しかった


DSCF2089.jpg

これは ちょっと油っぽくて少し残しました

DSCF2091.jpg

トルコはイスラム教なので豚肉は食べません
メインはチキン 驚くほど柔らかい肉でした

安いツアーの割には 美味しかった

DSCF2092.jpg

これは デザートです
プリンっぽい
極甘で 主人はあまりの甘さで気持ち悪くなったと
トルコのデザートは びっくりするぐらい甘いです
甘いクッキーをシロップ漬け スパンジケーキをシロップ漬け
旅の途中からは デザートは食べず果物を食べてました

DSCF2093.jpg
スポンサーサイト
Copyright © はまりごと. all rights reserved.