旅行やガーデニングやイルミネーション、インテリア、ショッピング等々のはまっていることについて色々書いていきます!また、こだわりの家づくりについても書いていきます

吉野千本と京都桜・伊勢両参り3日間
H29年 4月9日 日曜日
ツアーの最終日は伊勢神宮やおかげ横丁観光でした

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます

午前は雨で午後から晴れました
伊勢志摩ロイヤルホテルで朝食バイキング もちろん和食
DSC02642.jpg

部屋からの景色 雨でないと絶景が見えたはずが残念です
DSC02643.jpg

伊勢神宮への参拝は外宮→内宮という順序を守るなど、古来からの習わしに沿ってお詣りするのが良いとされていますが、
理想的な順番としては、二見興玉神社を参拝するのがいいとのことでj順番どおりの観光となりました

夫婦岩です
こちらは二見が浦のシンボルとしても有名
夫婦岩は、大小二つの岩を注連縄で結んでおり
沖合700mの海中に沈む猿田彦大御神の霊石と日の大神(太陽)を拝する鳥居としての役割も果たしています
夫婦和合の象徴
小学校の修学旅行は 伊勢観光でした
その後 社会人になってから伊勢観光したので
今回で3回目 40年ぶりの夫婦岩です

DSC02647.jpg

DSC02648.jpg

DSC02650.jpg

満願蛙 
こちらは手水舎にあるのですが、水をかけると願いが叶うと言われています
DSC02651.jpg

その後伊勢神宮外宮
食物・穀物を司る神である豊受大御神がお祀りされています。
内宮創建から500年後に伊勢の山田原にご鎮座された『衣食住をはじめ、あらゆる産業の守り神』です
外宮のマップを載せました
マップ右下にあるせんぐう館はお勧めです
2013年の第62回式年遷宮を記念して建設されました。
「神宮式年遷宮を伝える」ことを基本理念としており、
20年に一度繰り返してきた式年遷宮の工事に使われた道具、
神事や装束、神宝などの一部を展示する施設です。
geku_map.jpg

左側通行が基本です
真ん中は神様の通り道
DSC02654.jpg

パワースポットと (麻生大臣がテレビで発言して有名になったらしい)
DSC02655.jpg

階段を上がってお参りするのが出来ない方は
ここでお参りしても同様なご利益があるそうです

DSC02656.jpg

鳥居をくぐる時は必ずお辞儀をしてと
DSC02658.jpg

DSC02661.jpg


外宮観光後 少し時間があったのでせんぐう館を¥300円の入館料で見学
時間が無く ゆっくり見学ができず残念でした
この日は見学後は 抹茶と茶菓子が振る舞われていたのでラッキーでした
個人的にいえば 外宮観光よりはこちらの見学に時間を割きたかったですね

DSC02665.jpg

DSC02666.jpg

その後 バスにてちょっと距離の離れた伊勢神宮内宮観光
立派な松と桜は満開
DSC02670.jpg
参拝前に手を川で洗います
DSC02674.jpg

DSC02676.jpg

DSC02677.jpg

DSC02678.jpg

DSC02679.jpg

DSC02680.jpg


DSC02681.jpg

DSC02683.jpg
11
DSC02686.jpg

おかげ横丁で昼食でした
伊勢名物のてこね寿司と伊勢うどん
DSC02687.jpg
12
DSC02688.jpg

13
DSC02690.jpg
14
DSC02693.jpg
15
DSC02694.jpg
16
DSC02695.jpg
17
DSC02700.jpg
18
DSC02701.jpg
19
DSC02702.jpg

赤福本店
DSC02703.jpg

おかげ横丁散策で すっかり足が痛くなって
休憩がてら赤福ぜんざいを食べました
やはりこしあんより粒あんが好き
DSC02704.jpg

その後中部国際空港セントレアに
食事をしたい方はチェックインする前に取ってください
中はほとんど何もありません
待合室にテレビもありません
つまらない・・チェックインすると失敗します
スポンサーサイト

吉野千本桜と京都桜・伊勢両参り3日間 2日目
H29年 4月8日 土曜日
この日は 京都桜観光

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます
28歳までは 神戸に住んでいたのですが 
到着が夜なので 残念ですが友人たちには連絡はしないことに

神戸のポートピアホテルの朝食は 5階の日本料理の和定食
30階の洋食・郷土料理・和食 昨晩と同じ2階レストランでのイタリアンバイキングから選べます
昨晩のバイキングがイマイチだったのと
自宅朝食がパン・サラダ・コーヒーの洋食で 洋食に飽きて
30階で和食を食べました
ここは お勧めですね どれもこれも美味しかった


写真を撮り忘れて画像がありません
お天気は悪くて ホテルから港が見えるはずが
霧で全く見えません

DSC02576.jpg

神戸ポートピアホテルから 京都へ
お天気の悪さが幸いして 渋滞もなく
1時間半ほどで二条城へ 

徳川幕府における京都の拠点となった二条城は
徳川家康が慶長8年(1603年)に京の宿館として建設した平城
家康と豊臣秀頼との会見場所となったほか
幕末の慶応3年(1867年)には15代将軍慶喜がここで大政奉還を行った。

旧桂宮御殿を移した本丸(重要文化財)と豪壮な二之丸御殿(国宝)からなる。
二之丸御殿の絢爛豪華な建築と障壁画は目をみはる。
城内は史跡、二之丸庭園は特別名勝に指定されている

DSC02577.jpg

DSC02578.jpg

DSC02580.jpg

二の丸御殿は撮影禁止 襖絵が多く豪華絢爛でしかも広大で見ごたえがありました
画像はお借りしました

images_20170415172518506.jpg

DSC02581.jpg

二の丸庭園は 素敵でした
海外旅行では 色々な庭園を目にしたのですが
庭は 日本庭園が一番素敵だと思いますね

DSC02584.jpg

立派な剪定された松の木がいいですね
DSC02585.jpg

DSC02586.jpg

DSC02593.jpg

DSC02594.jpg

ソメイヨシノではありませんが 満開で美しかった
DSC02597.jpg

DSC02598.jpg

DSC02600.jpg

ソメイヨシノも満開で美しかった
DSC02601.jpg

DSC02602.jpg

DSC02603.jpg

DSC02604.jpg

DSC02605.jpg

DSC02606.jpg

二条城を後にして嵯峨野トロッコ列車に乗るために嵯峨駅へ
トロッコ列車が ジャンボで座席予約してました
終点までの景観と桜が美しかった

DSC02607.jpg

DSC02608.jpg

DSC02610.jpg

DSC02613.jpg

下の川は十津川 十津川下りの船が来ると お互いに手を振る決まり?と
DSC02614.jpg

DSC02615.jpg

途中駅から鬼が乗り込んできました

実はこの鬼、トロッコ列車の名物キャラで「酒呑童子」だそうです
一見怖そうな外見ですが
車内に乗り込んで 軽妙なトークで乗客を楽しませ
一緒に色々な方と写真を撮っていたので
実は私たち夫婦も一緒に写真を写しました

DSC02621.jpg

嵐山駅へ到着後 嵐山観光となりました
桜は満開ですが 曇りのせいで幻想的な風情に写ってます
DSC02623.jpg

渡月橋が見えます 
神戸に住んでいたので 京都は何回も来ているのですが
いつ来てもきてもいいですね
DSC02624.jpg

DSC02625.jpg

昼食は渡月橋近くのレストランで食べました
会席料理で美味しかった
DSC02626.jpg

DSC02627.jpg

DSC02630.jpg

レンタル着物屋さんがあって
¥3200ほどで借りれるようであちこちで着物姿を見かけました(昔はなかった)
着物で歩くカップルもいました
着物は華やかでいいですね 
DSC02631.jpg

DSC02632.jpg

DSC02633.jpg

渡月橋あたりは お店が一杯で散策だけも十分に楽しめます
食べ歩きしたかったのですが 昼食後でおなか一杯で食べなかったのは残念でした
DSC02635.jpg

嵐山を後にして三重県伊勢市へ 
思ったより近くて3時間で 伊勢志摩ロイヤルホテルへ到着
志摩半島にある大きなホテル
DSC02637.jpg


DSC02639.jpg

DSC02640.jpg

夕食はバイキングで和食が多かったのは良かったのですが
温泉宿では会席料理が食べたかったな~
DSC02641.jpg

温泉には露天風呂付で良かった

3日目に続く





















吉野千本桜と京都桜・伊勢両参り3日間 1日目
H29年 4月7日から9日 
ジャンボツアーズで吉野線本桜と京都桜・伊勢両参り3日間のツアー旅行に行ってきました
毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます
昨年は 南東北 一昨年は北東北の桜ツアーでしたが
4月末で 桜はすでに散ってしました
国内旅行記は書く意欲がなく 5から6回の国内旅行はブログに載せてません
最近からは 後で読み返したり子供や友人たちの参考になることが多く
頑張ってブログに載せることにしました

今回は 桜は見れたのですが 3日間雨で少し残念でした

4月7日 金曜日
07:20 日本トランスオーシャンで 関空へ
09:10 貸し切りバス(名鉄観光バス)で さくら100選 吉野千本桜へ出発 

バスガイドさんは 35歳?ぐらいの女性 添乗員さんは20代の女性
ガイドさんは 地図オタクでしょうか?
高速道路や地図のことばかり 熱心語ってましたが
ちんぷんかんぷんでお話はあまり面白くなかったですね

吉野山までは 思った以上に近くて雨模様で曇りのためか1時間半で到着

昼食は お弁当でバスの中で11時過ぎにたべました
美味しかった
DSC02542.jpg

日本一の桜の名所として知られる奈良県・吉野山。
吉野山の桜は1300年も前から「ご神木」として崇拝され
信仰の対象として手厚く保護されてきた歴史が大きな特徴です
春には約三万本と言う世界に類を見ない規模のヤマザクラが咲き誇り
その光景は古来より「千本桜」「一目千本」等と形容されてきました

吉野山は奈良県のほぼ中央に位置し馬の背のような形をした南北約6kmの山岳地帯
標高順にそれぞれ「下千本」「中千本」「上千本」「奥千本」と地名がついています。
例年であれば桜は4月初頭頃に下千本エリアから咲き始め
徐々に山々を桜が埋め尽くしていきます

今年は 桜の開花が遅く 千本桜がやっと開花 満開に至ってなくて残念でした
ただ 吉野の下千本から上千本までの道には 
お土産物屋さんやお寺など色々あって結構楽しめました

small-sakura-map.jpg

沖縄では ソメイヨシノは咲かないので
千本桜駐車場の満開の桜でも嬉しい

DSC02543.jpg

国宝 仁王門は修理中でした
DSC02544.jpg

DSC02545.jpg

DSC02546.jpg

桜がきれいに咲いてます
DSC02550.jpg

吉水神社内を散策

DSC02551.jpg

吉水境内から見た一目千本 
桜満開でないためこんな感じ 残念
DSC02552.jpg

満開ならこんな感じと
small-1.jpg

吉水神社(書院・重文)(よしみずじんじゃ)

もとは吉水院という、金峯山寺の格式高い僧坊でしたが
明治のはじめ、後醍醐天皇、楠木正成、宗伸法印をまつる神社に改められました。
源義経が静御前や供のものと逃げのびてきたのも
太閤秀吉の花見の本陣となったのもここです。

南朝の古文書や武具、秀吉の花見に使われた楽器など
100点を超える宝物が残っています
初期書院造りの傑作といわれる書院建築で
義経潜居の間、後醍醐天皇玉座の間、太閤秀吉花見の間があります
義経の間が室町時代様式で、他は桃山時代以降のもの

DSC02556.jpg

DSC02557.jpg

DSC02558.jpg

DSC02559.jpg

DSC02560.jpg

DSC02561.jpg

吉水神社のお庭はきれいです
DSC02562.jpg

DSC02563.jpg

中千本への道中で タケノコの煮つけと天ぷらが売っていたので
天ぷらを買って食べました 美味しかったのでお勧め 
煮つけも食べたかったな~
DSC02564.jpg

DSC02565.jpg

DSC02566.jpg

DSC02567.jpg

ここでは おやきを買って食べました
食べ歩きが楽しいで 旅先では 満腹になるまでは食べないようにしてます
ショックなのはタケノコの煮つけがここでは¥200だったこと
ブログを書いていてきずきました

DSC02568.jpg

DSC02569.jpg

晴れ間もでて 天気が回復
中千本からは桜の開花していないので途中で引き返しました

DSC02570.jpg

吉野山を後にして神戸のポートアイランドにあるポートピアホテルへ
2時間半程度で到着 お天気が悪いのが幸いしました

神戸港の夜景が一望できるはずが 天気が悪くて残念でした
ロビーはゴージャスでお部屋も 広くてベッドもダブルで良かった

DSC02571.jpg

DSC02572.jpg

DSC02573.jpg

DSC02574.jpg

夕食はバイキングでイタリアンの洋食ですが
あまり美味しいとは言えず まずいとも言えず微妙?

DSC02575.jpg

吉野千本桜の満開の画像 見れず残念でした
今度は 満開の時に個人旅行で訪れたいと思ってます
sakura_nunohiki.jpgsakura_gosho.jpg
sakura_hanayagura.jpg


2日目に続く


Copyright © はまりごと. all rights reserved.