FC2ブログ
旅行やガーデニングやイルミネーション、インテリア、ショッピング等々のはまっていることについて色々書いていきます!また、こだわりの家づくりについても書いていきます

9月26日 北欧の旅 


9月26日 北欧の旅 6日日目 


毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます
午前:ノルウェーで2番目 世界で3番目の長いハダンゲルフィヨルド観光
    その後 ハンザ同盟の重要地点として栄えたベルゲンへ
午後:世界遺産ベルゲン観光でした

ホテルでの朝食はバイキングメニューは少ないのですが十分でした
チーズは色々な種類が置かれていて美味しいので毎回食べてました
今回の旅で噂では癖があってまずいとのことで 
食べる機会もなかったブルーチーズを初めて食べることが出来ました
感想は? ド近眼で歯磨きと洗顔フォームを間違える事があるのですが
洗顔フォームの味に似てます
ただし 洗顔フォームのようにずっと嫌な味が残る事がないので
私的には大丈夫な味で慣れると多分美味しく頂けそうです

DSC00432_20151019183420e50.jpg

ホテルの外観 左の掃き出し窓のある1階の部屋も客室で
1階に泊まったのですが直ぐ前が駐車場でカーテンが開けれなかった
DSC00436_20151019184930993.jpg

曇りですが ホテルの前には素笛な湖がありました
DSC00434_20151019184928e00.jpg

車窓からの風景 滝が多くてダイナミックで美しい景色が広がってました
DSC00441_20151019185557913.jpg

DSC00440.jpg

DSC00442_20151019185558898.jpg

DSC00443_20151019185600f26.jpg

DSC00446_20151019185931bee.jpg

DSC00454_201510191904296c7.jpg

DSC00455_20151019190431684.jpg

やっと 晴れ間が見えてきました
DSC00457_20151019190433672.jpg

ノルウェーの伝統的な家に草屋根と言うものがあります
断熱の為に屋根に草を植えるそうです
DSC00460.jpg

風情があっていい感じです
DSC00465_20151019193026ee6.jpg

DSC00467_20151019193028c11.jpg

DSC00468_20151019193029278.jpg

DSC00469_201510191934585b3.jpg

DSC00471_20151019193500645.jpg

DSC00472_201510191935020b9.jpg

DSC00474_20151019194002ae6.jpg

DSC00476_201510191940041b5.jpg

DSC00483_20151019194330230.jpg

DSC00482_20151019194328ece.jpg

昼食を食べたレストランはお洒落でした
メニューはメインが豚肉料理で美味しく頂きました
今回もスープの写真を撮り忘れました
やはり スープが濃厚で美味しかった

DSC00489.jpg
北欧で食べたパンも美味しかった

DSC00490.jpg
DSC00493_20151019195559f06.jpg

DSC00494_2015101919555823c.jpg

午後は世界遺産ベルゲン観光でした
中世にタイムスリップしたかのような カラフルな色の木造家屋が並ぶ世界遺産お木造家屋ブリッゲン地区
北欧なrではの美しいフィシュマーケットも散策しました
ここでスーパーマーケットがあったので 両替をしたお金を全て使いました
DSC00497.jpg

DSC00496.jpg

DSC00498.jpg
DSC00499.jpg

使用した写真は、世界遺産 ベルゲンのブリッゲン地区です。ベルゲンはノルウェー第二の都市人口は22万人で、13世紀まではノルウェーの首都でした。ブリッゲン地区のこの三角屋根の建物は、ハンザ同盟時代ドイツのハンザ商人が、住居や事務所に使っていたもので、世界遺産に登録されています。今は大部分お土産屋になっています。奥行きのある家屋は家と家との僅かの隙間を入っていくと迷路のようになっていまし

image80.jpg

15.jpg

500_10075733.jpg

379417_x.jpg

2014-12-17.jpg

DSC00503.jpg

DSC00504.jpg

DSC00505_20151019203616958.jpg

DSC00501.jpg

DSC00502.jpg


































スポンサーサイト

北欧の旅 ソグネフィヨルド観光
9月25日 北欧の旅 5日目

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます

1から4日目
フィンランドのヘルシンキ観光後 
豪華客船でスウェーデンのスコットホルム観光
スコットホルムから鉄道でノルウェーのオスロへ オスロ観光をしました

hokuou4.jpg

5日目は

オスロ発 ヨーロッパ屈指の景勝ルートを持つベルゲン鉄道にてミュールダンへ
地図の右下にオスロがあります
ミュールダンからフロム鉄道にてフロムへ
フロムからソグネフィヨルドクルーズでの観光でした

30d3cd3599a6d5f0b4160507ccaebae8.jpg

ホテルでの朝食はバイキングで普通に美味しかった

旅行前の予報では8日間とも曇りと雨でしたが 
この日は朝から晴れ オスロ駅です
DSC00357.jpg

オスロ発 ヨーロッパ屈指の景勝ルートを持つベルゲン鉄道にてミュールダンへ
この列車での移動でした 客室も清潔で快適でした
DSC00358.jpg

列車からは素敵な風景が広がっています
美しいですね
DSC00359.jpg

DSC00365_20151018153318b35.jpg

DSC00367_20151018153515a7b.jpg

DSC00371_20151018153605ccc.jpg

ミュールダンのフィンセ駅に到着
フィンセ駅からのハダンゲルの絶景をご覧になるとパンフには書いてあったのですが
画像が見当たらず撮ってなかったみたい 画像お借りしました
e0190984_10461665.jpg

DSC00375_20151018153609b3c.jpg

ミュールダン発  ノルウェー山岳鉄道にて山岳鉄道の傑作と言われる
フロム鉄道(赤い列車にてアウルランフィヨルド最奥の町フロムへ

DSC00376_201510181536119b3.jpg

ここからは息を呑むような美しい風景が車窓から広がってました
ここ数年は ヨーロッパやトルコと世界遺産の建造物ばかりみていたのですが
飽き気味で大自然観光がいいな~てことで
来年はカナダかグランドキャニオンが良いかもと

DSC00378_20151018153909282.jpg

DSC00379_20151018153911e44.jpg

滝が大小様々な美しい滝を堪能しました

DSC00383_201510181544423c2.jpg

だんだんと天気が崩れて曇ってきました
DSC00389_20151018154748b2c.jpg

DSC00390_201510181547490e0.jpg

DSC00391_20151018154704a2c.jpg

DSC00392_201510181549314ba.jpg

DSC00393_20151018154932bf5.jpg

DSC00396_20151018154937481.jpg

DSC00397_20151018155144c98.jpg

DSC00399.jpg

DSC00401_201510181551501bf.jpg

DSC00406_20151018155633dbb.jpg

DSC00408_2015101815563625a.jpg

フロム駅に到着
フロムからグドヴァンゲンまでソグネフィヨルドクルーズ(2時間)となりました
DSC00410_2015101815563968d.jpg

添乗員さんのおかげで早めに乗船して
景色がよく見える前席にすわることができました
DSC00409_20151018155639a28.jpg
このクルーズではソグネフィヨルドの支流で
最奥部のにある世界遺産ネーロフィヨルドの渓谷美を楽しむことができるはずが
写真がでは何処って感じです
DSC00411_2015102316183717f.jpg

DSC00414_20151023161841aab.jpg

雨が降ってきて天気は最悪に いい写真がとれてません
DSC00417_20151023162124703.jpg

DSC00418_201510231621258fc.jpg

時と自然が作り上げた標高1000mもの城壁が迫るフィヨルドの景観が
天気が悪くて思ったよりは良くなかった
晴れていたらこんな景色が見えていたようです
画像お借りしました
src_10347759_201510231631536de.jpg

d7bbb1b96730fceb9ef16f2d1ca72034_20151023163151748.jpg

big_photo01_20151023163150dfe.jpg

20120618231437_201510231631487a6.jpg
グドヴァンゲンに到着 
DSC00419_201510231621289e1.jpg
シンプルなホテル
DSC00420_20151023162128d7d.jpg

DSC00422_201510231639368a6.jpg
DSC00423_201510231639378f1.jpg
DSC00424_201510231639383af.jpg
DSC00425_20151023163940e0c.jpg

夕食はホテルで食べました 
スープは毎回美味しいし パンも好みの味です
DSC00426_201510231639598d0.jpg

DSC00428_20151023164002fe4.jpg

サーモンがメイン 美味しかった
DSC00429_201510231640041b8.jpg

6日目に続く










北欧の旅 オスロ観光 4日目
9月24日 木曜日 北欧旅行 4日目

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます

午前: スウェーデン国鉄インターシティーで国境を超え
ストックホルムからノルウェーのオスロへ

駅の画像です
DSC00320.jpg
DSC00321.jpg

車両は 清潔で快適 フランスの新幹線TGVは不潔
フランスやイタリアの街はゴミだらけで汚いのと比較すると
北欧3カ国は清潔でスリも少なく安心して歩けます
昼食は和食のお弁当で それなりの味でした
DSC00324.jpg
車窓の景色が美しい
DSC00325.jpg

DSC00329.jpg
DSC00331.jpg

オスロに到着後 国立美術館でムンクの叫びを鑑賞
国内最大のノルウェーアートのコレクションを誇る美術館。
フランス印象派やヨーロッパ有名画家の作品も充実している。
見どころは『叫び』をはじめとするムンクの作品で、
『思春期』、『マドンナ』など、20点以上が展示されている

DSC00334.jpg

DSC00332.jpg

オスロ市内観光 カールヨハン通り
DSC00335.jpg
DSC00336.jpg
DSC00337.jpg
下3枚の画像はお借りしました
1024px-Stortinget,_Norway

800px-Oslo_Nationaltheatret.jpg

Spikersuppa.jpg

グスタブ・ヴィーゲグランによる彫刻で有名なフログネル公園を散策
あいにくの曇りと途中でデジカメの充電がきれて
ほとんど写真がとれなかったので画像はお借りしました

ノルウェー出身の大彫刻家、グスタフ ヴィーゲランに
オスロ市がデザインを依頼した公園で 
園内全体に彫刻が配置され、ヴィーゲランの野外美術館といったところです
赤ちゃんの像「おこりんぼう」と17mの尖塔が特に有名です

hokuo104l.jpg

img_14.jpg

b1746e43.jpg

450-2011071420102134541.jpg

これが有名な怒りん坊です
827-3.jpg

37cda9d3.jpg
ホテルのロビーです シンプル
ノルウェーでもユーロは使えません 通貨はノルウェー クローネで
水道水が飲めるし 物価が高いので両替なしで
レストランでは水が無料で飲み物のオーダーはなしにしました
DSC00347.jpg

DSC00354.jpg

夕食はホテル内で頂きました
やはり スープは美味しい
DSC00348.jpg

DSC00349.jpg
DSC00350.jpg
メインはチキン
DSC00351.jpg

デザートもおいしく頂きました
北欧の食事はボリュームがあって 日本人の口にあいますね

DSC00353.jpg

5日目に続く
















3日目 ストックホルム観光 (北欧の旅)
この週末 定年退職した主人は友人たちと九州旅行 娘は日光観光でした
息子と二人なので 集中して旅行ブログを書き上げるつもりが
2日分 書いただけでまだ書き終えてません

定年すると いつでも旅行に行けるのが羨ましい
仕事を辞めてもいいのですが 薬剤師で結構高収入なので
お金をとるか暇をとるかで悩ましい
現在61歳 定年がないのでとりあえず年金が満額でもらえる65歳まで
あと3年半はフルタイムで働かこうかな~って思ってます
65歳を超えても パートで働くかもしれません

最初の子供は産休1ヶ月 2番めの子供は産休3ヶ月
転職するときでも長くても1ヶ月しか休んだことしかありません
仕事が好きか?と言われたら 多分お金が好き何でしょうね
稼がないと勿体ないと思ってしまうのだから

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます
9月23日 北欧の旅 3日目はストックホルム観光
豪華客船でヘルシンキからストックホルムへ到着
朝は市内観光 午後は世界遺産ドロットニングホルム宮殿観光となりました

ストックホルム発祥の地であるガムラスタン(旧市街)に行きました

ガムラスタンには、まるでおとぎ話の婚礼や戴冠式のシーンに出てくるようなストックホルム大聖堂のほか
17世紀以降の歴代のスウェーデン君主が眠るリッダーホルム教会など、
王宮に引けを取らない格調高い名所が数多くあります。
また、ガムラスタンには王宮や国会以外にも、素敵なレストランや驚きの詰まったミュージアム、
魅力的なカフェがたくさんあり、この小さな島がストックホルム最大の観光名所であることも頷けます。
曲がりくねった静かな通りや木造家屋が建ち並ぶ、
階段のある路地は、由緒ある商館がある広場へと繋がっています。(ネット検索)
朝は残念ながら曇りでした 
ツアーなのでもちろんゆっくりと散策はできません
可愛らしいショップも一杯あったのですが 入る時間もなかったのが残念です

DSC00282.jpg

ガムラタンはスコットホルム近郊のバルト海に浮かぶ島にあります
魔女の宅急便のモデルになったと言われます

DSC00283.jpg

DSC00284.jpg

DSC00285.jpg

DSC00281.jpg

DSC00280.jpg

12eu104_0077.jpg

昼食は名物のミートボールです 
スープが美味しかったのですが 画像なし
DSC00287.jpg

DSC00288.jpg

ガムラスタン地区にある王宮観光 近衛兵が歩いてました
DSC00289.jpg

ストックホルム郊外にある世界遺産ドロットニングホルム宮殿観光
ストックホルムからフェリーで約50分。白鳥が遊ぶメーラレン湖のローベン島にあり、
広大な庭園に抱かれて建つクリーム色の宮殿は、
その優美さから「北欧のヴェルサイユ」とも呼ばれています。
18世紀の姿がほとんどそのまま残されており
王宮、宮廷劇場、中国離宮、庭園が世界遺産に登録され、
王家の住まいを除く一部が一般公開されています。

drottningholm-palace.jpg

DSC00291.jpg

DSC00293.jpg

DSC00295.jpg

DSC00297.jpg

DSC00298.jpg

DSC00299.jpg

DSC00294.jpg

DSC00300.jpg

スウェーデンの人たちは、夏休みが始まったとたん、身の回りの荷物を詰めて、
いそいそと街を抜け出し、夏の家、森の別荘へと移動します。

スウェーデンでは、ごく普通の会社員の人たちでも別荘を所有しています。
といっても、そのレベルは様々で、小さなログハウスという程度のものから、
ゴージャスな邸宅のようなものまであります
最も一般的なスウェーデンの夏の家で、真っ先にみんなの頭に思い浮かぶのは、
ペンキ塗りのこぢんまりとした木のコテージです

別荘地区を散策 小さいコテージですがお庭が素笛です 

DSC00304.jpg
DSC00305.jpg
DSC00307.jpg
DSC00309.jpg
DSC00308.jpg

ストックホルム近郊のホテルに宿泊 ホテルの外観 こじんまりしたホテルでした
DSC00310.jpg

シンプルですが 北欧の布団はどこもふかふかで快適でした
羽毛布団? 
DSC00313.jpg

水道水が飲めるが嬉しいですね
スウェーデンの通貨はクローネで ペットボトルに水道水を入れて飲んでました
クローネに両替しても ユーロならともかく余っても使い道がないので両替は少額がいいでしょうね
物価が高くて 買いたいものがないが残念です
日本に住んでいると 良質で美味しいくて安いものも多いので
海外で買いたいものがなくなりますね

夕食はホテルでした 
結構ボリュームあります スープは飲んでしまって写してません
水は無料でビールは¥1200と高いので
今回の旅行では 飲み物はオーダーしなかった

DSC00314.jpg

DSC00315.jpg

DSC00317.jpg

メインの豚肉のステーキは柔らかくてとても美味しかった
DSC00316.jpg

ほとんどデザートのない格安ツアーですが
嬉しいことにデザートがありました
DSC00318.jpg

4日めに続く












二日目 フィンランド観光 
9月22日 旅行二日目はヘルシンキ観光

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます

午前:「バルト海の乙女」ヘルシンキ観光
旅行前の天気予報では 8日間とも曇 雨の予報でしたが
幸運なことに旅行中8日間は
午前は曇りで徐々に回復して午後からはいい天気となりました
ツアー客は添乗員を含めて18人でバスが広々使えてちょうどいい人数

9月中旬ですが 朝は寒いので服装はヒートテックのTシャツと
薄めセーター ユニクロのダウンを着てました
昼になると暖かくなるのでダウンを脱いだりで寒すぎず暑すぎずでちょうどいい気候でした
毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます
ホテルでの朝食バイキング 品数は少ない
DSC00247.jpg

ヘルシンキは三方を海に囲まれた港湾都市で 
他のヨーロッパの都市と比べて治安も良いので安心して街歩きが楽しめます

ヘルシンキはユーロが使えます
水道水はミネラルウォーターよりも水質がいいと言われていて飲めるので
500mlの水で1・5ユーロと高いので
ホテルでボトルに水を入れて持ち歩くのがいいと思います

ヘルシンキのシンボル ヘルシンキ大聖堂です
帰ってきて1週間あまり びっくりすることに全く覚えていない
歳だな~ ボケているのかしら しょうがないのでネット検索
白亜の外壁と緑色のドームのコントラストが美しい
福音ルーテル派の総本

DSC00173.jpg

ヘルシンキ大聖堂の階段上からの画像
素敵ですが ここ数年はヨーロッパ旅行が多くパリ程の感動を覚えない
DSC00180.jpg

市民の台所 マーケット広場を散策
森林の国なので様々な山の幸のブルベリー等果物が売られてます
物価が高かいので買わなかった
DSC00185.jpg

毛皮も売っていたのですが 結構高い
DSC00187.jpg

DSC00188.jpg

夕方は この豪華客船でバルト海クルーズでスウェーデンのストックホルムに向かいました
DSC00189.jpg

DSC00191.jpg

お天気も次第に良くなって晴天過去のオリンピックの競技業です
DSC00197.jpg

フィンランドの人たちの信仰心は他の国に比べるとそんなに厳格ではないので
教会の形式に強いこだわりはなく、比較的自由な形の教会が建てられてます

石の教会と呼ばれるテンペリアウキオ教会の画像の入り口
北欧の地盤は岩盤よりできていてこの協会は岩盤を繰り抜いて建築してます
現在 残念ながら屋根が修復中でおおいがかかってます
DSC00201.jpg

岩とガラスで作られたロック・チャーチ
内部の壁は巨大な岩をくり抜いた形になっており神秘的な空間が広がっている
岩壁は本当に手付かずのままで 氷河時代に削られた跡も確認できる
照明は少ないが 銅板でできた大きな天井と岩壁の間に
自然光を取り入れるための無数のガラスがはめ込まれており、
内部はとても明るい。
DSC00207.jpg

天井は銅板で作れれてます
DSC00209.jpg

"フィンランドでは近年、教会建築のコンペに国を代表する建築家が参加し、
新しい発想を取り入れた教会いくつも建っており、建築業界からも注目されています。"

木造教会でユニークな設計となってますね
右側が入り口となってます 夜や週末はミニコンサートもよく開かれるようです
DSC00213.jpg

教会内部
DSC00212.jpg

ヘルシンキの素敵な町並みです
DSC00216.jpg

DSC00217.jpg

昼食はインテイアの素敵な市内レストランで
DSC00218.jpg

今回の北欧旅行は何処で食べたスープも濃厚で美味しかった
食事はヨーロッパの中では結構いいのほうでは?
DSC00221.jpg
パンも美味しい
DSC00222.jpg
メインはニデカサイズのにしんで美味しかった
DSC00223.jpg

美しい赤レンガ造りの教会ウスペスキー寺院は内部観光無く残念でした
DSC00225.jpg
素敵な街並みですね
DSC00228.jpg

フィンランドのブランド マリメッコのアウトレット店へ行きました
思ったよりちゃっちいショップで好きなブランドでもないし
多分高いので興味も無くぶらぶら 他にもショップへ行ったような?
他のツアー客はお土産を一杯買っていたのですが
フィンランドの老舗メーカーの1個購入 これが10個しか入っていないのに500円で高かった
1個購入で良かったわ~ 

船内の免税店での同じFAZER(ファッツェル)」のゲイシャ(Geisha)チョコとミルクチョコ
を2箱で8ユーロで購入 しかも8%オフのクーポンも乗船券についていたので8ユーロ以下で変えました 
このチョコはおいしくてお土産では好評でした
350gサイズの4ユーロ以下で購入は 
スーパーより安いって添乗員さんが言ってたので船内購入がお勧めです
(ちなみに楽天では150g 800円で売ってます)
その後スウェーデンやノルウェー観光になるのですが
ユーロも使えないし 物価が更に高くなるし
お菓子もおいしくないしで お土産は船内ですませるのがいいと思いますね
acho_acho_acho-img600x301-1388348831ikpp6311855.jpg
1_008011000003.jpg



ヘルシンキからスコットホルムへの移動は 豪華客船での宿泊
DSC00229.jpg
船内の画像
DSC00230.jpg

DSC00231.jpg

船室は海側で シングルのベッドが一つですが 
ソファーがベッドに変わりました
DSC00232.jpg
シャワー元入れも完備してます
DSC00233.jpg
12階がデッキ
DSC00235.jpg

沢山の島々があって 美しい風景でした
バルト海はほとんど並が無く全く船が揺れることもなく快適に過ごせます
DSC00240.jpg

DSC00242.jpg

DSC00243.jpg

DSC00246.jpg

船内での夕食はバイキングで 驚くほどメニューが豊富で美味しかった
写真は写してません
船内では 夜10時から無料でショーが見れますが
早めに行かないといい席がとれません

DSC00250.jpg

船は揺れもせず熟睡できました

3日めに続く








Copyright © はまりごと. all rights reserved.