FC2ブログ
旅行やガーデニングやイルミネーション、インテリア、ショッピング等々のはまっていることについて色々書いていきます!また、こだわりの家づくりについても書いていきます

イタリア観光 ベネチア その2
10月8日 ベネチアは1日観光となっていて観る所が多く 今回はその2
毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます

map01.gif
潮位があがっていないサンマルコ広場
奥に見える建物はドゥカーレ宮殿 
098.jpg

残念ながら 内部の観光もしていなし写真も撮っていないので
画像をお借りして貼り付けました
こんな 素敵な所だったんですね
見たかったな~
1419_01.jpg

1419_06.jpg
1419_05.jpg

潮位が上がり始めた(ほんの十数分前では大丈夫だったのですが)ので その前に寺院を見学をすることになりました
エジプトから持ち帰られたサン・マルコの遺骨は、当初はドージェの宮殿の付属礼拝堂に納められていた。
しかし、新たにサン・マルコのための寺院が建立されたんだ。それが西暦832年に聖別されたサン・マルコ寺院。
その後、西暦1063年から1071年にかけて、ビザンティン様式のサン・マルコ寺院が建設された。
但し、14世紀から16世紀にかけてゴシック様式に改装された。
サン・マルコ寺院の丸屋根(下の画像)などは、いまだにビザンティン様式を色濃く残している。
ネット引用
099.jpg

見学後は もう一気に潮位があがってこんな感じになって足場を歩く事になった

100.jpg

交互に行き交っているのでなかなか進めません。
107.jpg

サンマルコ寺院 画像少なくて 画像お借りして貼り付けました。
内部は写真撮影が禁止だった
トルコの影響で屋根はドームとなって美しい
p4260025.jpg

内部は豪華絢爛でびっくり 贅を尽くした空間
20090529-11.jpg
28122.jpg
見学後 外にでるともう水びたしとなってました
水びたしのサンマルコ広場
110.jpg
112.jpg

その後はベネチアンガラス工房を見学
イケメンイタリアーノの解説つき 
こちらでは ベネチアンガラスのコップや装飾品が売られていたのですが
日頃から装飾品を身につけないし勿体無くて使用しないし 飾らない
しかも ちょっと高くて手が届かないので購入しなかった
105.jpg

わずかですが フリータイムがあったので こんな路地がイッパイあって
お土産物屋さんが並んでいました 
こんな所にくると 俄然テンションがあがるんだわ~
ひょっとしたら観光より好きかもしれない ここで 掘り出し物を色々と購入しました

116.jpg

ベネチアンマスク サイズ18cmぐらいのミニサイズを10個
これは 我が家の3mのクリスマスツリーに飾ります
買った店は地図があったら載せたいのですが 地図がないので 言葉で 伝わるかな?
ドゥカーレ宮殿に向かい左側の通りを中に進み(10mくらい)最初の角を右に曲がる
また10m位進むと最初の角を左に曲がる。五軒目くらいの右の店で革製品を売っている店の隣です

ユーロが1ユーロ¥100の時にヨーロッパ旅行するので3年位前に両替していたのを使いました
これが 何とたった1、9ユーロで 近くのお店では5ユーロで売られていたり
ローマの空港では14,9ユーロ 日本では2800円で売られていました
10個2000円で購入なので 格安購入となりました
息子は キモって言ってますが 私的にはいいんじゃなーい
飾るのがメチャ楽しみ

DSC00367.jpg

同じお店の店員さんが感じがいいので 
中国製かもしれないムラノガラスのアクセサリーも2個購入しました
2個で¥2000なのでつけなくてもいいかなって思って

DSC00369_20141024070027919.jpg

まあ 息子がキモっていうのよくわかるのですが
これをツリーの飾ると私の妄想では個性的でより素敵になるではと
先週末もベースフリマでミルクガラスのキャンドルスタンドを購入
ネット検索でクリスマスのグッズを色々検索中でもう楽しくてしょうがない

DSC00368.jpg

昼食は 前菜がイカスミパスタ メインがイカの天ぷら デザートがシャーベット
飲み物は ビールが6ユーロだったような? 相変わらずサラダにはドレッシングなし
生まれて初めてのイカスミ 味は美味しいのですが具なし
イカスミって具なしでしょうか? 
具があったほうが飽きずに美味しく食べれると思うのですが
イカの天ぷらは やわらかくて美味しかった

118.jpg 119.jpg
120.jpg

表に出るとこのお店の前にこんなポスターが張られてました
ポスターから察すると ピザとコーラで10ユーロってこと 
観光客は 飲み物コーラでも6ユーロなのに やっぱりね

121.jpg

ピザの価格は 5ユーロから11ユーロ 
122.jpg

食後 サンマルコ広場の水は引いていました もう びっくり
125_201410191618200bf.jpg
126_2014101916182276f.jpg

127.jpg

ベネチア観光後 ルネッサンスの都フィレンツェへ バスで3時間半(250km)
夕食は パスタを前菜にメインはフィオレンティーナステーキ デザートはヨーグルトっぽいもの
ここでも 6ユーロほどのビールやワイン 
実はあまり覚えてなくてもっと高い所もあったしもっと安い所もあった
パスタは美味しかったがステーキはまあまあの味でした
パンが出てくる事も多いのですが 前菜がパスタなのでパンまでは手がのびません

131.jpg 132.jpg 134.jpg 136.jpg

フィレンツェノホテルはパレス ベッド幅は90cm 狭っ
でも 日本のビジネスホテルと同程度 
きっと日本に来る観光客も同じ感想なんでしょうね
ただ 日本のホテルはアメニティーが揃っているのがいですね
帰国後 大阪のホテルに泊まったのですが
小さい部屋で小さい浴室ですが 全てのアメニティーが揃っていて
ドライヤーの風力が強くてよっかった
海外旅行すると あたりまえと思ってた事が
実は違うって実感できて日本のよさも悪さもしるのがいいですね

a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/k/u/r/kuromikage/137.jpg" target="_blank">137.jpg

アメニティーは固形石鹸とボディーウォシャーのみ
ドライヤーは弱めでなかなか髪の毛がかわかないので持参ドライヤーを使用
パリでも思ったですが ヨーロッパの観光地のホテルは古いので
設備も古く注意が必要なこと それにあまり綺麗でない
安いツアーなので仕方がないと一応納得しているので
がっかりってことはないのですが 一応期待しちゃうのですよね
138.jpg

次に続く

イタリア観光 ベネチアその1
ミラノの日本人の方から
以前から疑問に思っていた事の返信がありました
飲み物の6ユーロは高すぎ ツーリスト価格なのでは?と
ランチに行くときは1ユーロとか2ユーロで、
前菜 プリモ セコンド 水やワインがついて10から20ユーロで
味はだんぜん美味しいとのことでした
やはり そううでしたか 以前からおかしいな~って思っていたんです
個人旅行で食事をしたほうが食事はリーズナブルで美味しいとの事です

いつになるかは わかりませんが 次回のイタリア旅行は個人旅行をと思ってます

そういえば 沖縄のツアー客がこんな所で食べるの?って
地元客が食べないような所でで沖縄そばを食べる光景を目にすることがあります
もっと 安くて美味しい所いっぱいあるよって言いたい
海外ツアーでは ランチタイムなのに 
席ががらがらでツー客しか入ってこないレストランにもよく連れていからますね

いつも格安ツアーなんで 食事は期待してないのでそうガッカリすることはないのですが
ブログにはお世辞を書くと期待でがっかりしないように
できるだけ正直な感想を書くようにしてます


毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます


10月8日 世界遺産のベネチア観光となりました

いつも 事前に前知識もなく旅行に行って
旅行から戻ってブログを書くときに色々検索するので
今回もベネチアってこんな所にいあったんだって勉強になります

jpm_italy9615.jpg

イタリア本土からリベルタ橋をバスで渡るとそこがベネチア

ラグーナ(潟)の中に100を超える島々が点在し、その間を150の運河が巡り、400もの橋が街を結ぶベネチア。
橋を渡ると車は乗り入れることができず、交通手段は船と徒歩だけという「水の都」。
東方との交易がもたらした、13〜16世紀の共和国時代の建物が建築美を競ってます
(ネット引用)

map01.gif

この旅行では ベネチアが一番好きな所となりました 
朝は曇っていましたが 昼からはいい天気となりました

066.jpg

人がイッパイいるとテンションがあがるんだわ~
073.jpg

海辺の近くの画像です
072.jpg

歴史を感じさせる建物ばかりで 風情が会ってステキ 観光客もイッパイ
075.jpg

いよいよ ゴンドラ観光 6人乗りとなってます
今と違うのは、昔の”ゴンドラ”は小さな船室があり、
当時、貴重なガラス窓が嵌め込まれ、大理石の椅子、ビロードの
絨毯が敷き詰められていたそうです。

また、”ゴンドラ”は大きさも様々で、赤や青、金等で塗られ
漕ぎ手には高価な派手な衣装を着せたりして、華やかさを競って
いました。

その結果、贅沢がエスカレート。
1562年「贅沢禁止令」が出され船の色は”黒”に統一されました。

076.jpg
多分 地図6番の教会? 装飾が見事でゴージャス
077.jpg
静かにゴンドラは進んで行きます 風情のある佇まいが素敵です
079.jpg

試験を受けてゴンドリエーレ(ゴンドラの漕ぎ手)になるとのことです
マリンの縞のシャツを着ていました 
ブルーだけと思ったら画像では赤の縞もあってあれ~って感じ
081.jpg

082.jpg
運河を抜けて海からベネチアを見ます 街の雰囲気がいい
日本って 木造建築なので
昔の建物がヨーロッパみたいに沢山残っていないのが残念
建物も小さいし 何だか見劣りする~って旅行するたびに思いますが
京都に行くと 京都もいいぞって思ったりします
083.jpg

084.jpg
地図3番のドゥカーレ宮? 
088.jpg

089.jpg
海から運河に入って ゴンドラが到着
087.jpg

その後 サンマルコ広場へ 
これは何か?って言うと
しばらくすると 潮位があがってサンマルコは広場は水びたしになるので
その時に歩けるようにとの足場です
091_201410190934346ce.jpg
まだ 水浸しでないサンマルコ広場 結構広い
092.jpg
この方がベネチアの現地ガイドさん イタリア男の典型でしょうか?
めちゃ 口が上手い ユーモアのある楽しい方でした
イタリア男って オシャレです
テレビで靴下やジーパンにもアイロンあてるって
身長は ラテン系なのでドイツ等のゲルマンと比較すると低めです
短髪でジーパンに革ジャンとカッコイイ人が多いと印象で
イケメンも多いような気がしました

094.jpg
潮位が上がってきました
095.jpg

ベネチアは見どころが多いので次へ続く

イタリア旅行記〔ジャンボツアーズ) その2
10月7日 13:50 ミラノ マルペンサ空港に到着

jpm_italy9615.jpg

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます
メチャ長かった 疲れました。
しかも 雨 いつも天気には恵まれる方なのでちょっとショック
気温は あまり寒くなかった
画像では西洋人は寒さに強くて半袖を着ている方もいるのですが
寒さに弱い沖縄のツアー客も写ってます 
長袖に薄手のカーディガンかジャケットで十分でした

今回のツアーは16名で6組が夫婦 1組が姉妹
若い夫婦以外は全員中年夫婦で 16名はツアーとしては最適な人数
添乗員さんも30歳ぐらいの独身の女性で親切でいい子でした
専用車も大型バスなので 
席は十分すぎるほどでリクライニングの足置きがあってよかった
ミラノは午後のみの観光で 大聖堂ドゥオーモとガッレリアのみ
場所は どちらも近くにあってドゥオーモを正面に見て、左手に見えるのがガッレリアです

ミラノのガッレリア
ガッレリア内は天井はガラス張りで、建物の頭部にはフレスコ画、
そして床には見事なモザイクで装飾され 建物自体が芸術作品ですばらしかった
それと 思った以上にでかいです 

イタリア王国の初代国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世にちなんで名づけられたこの場所は、
最初に1861年にデザインされ、イタリアの建築家ジュゼッペ・メンゴーニによって1865年から1877年の間に建設されました。石造りの伝統工法を基盤にガラス、鉄、石、そして近代の鉄骨が組み合わさった融合美はまさにミラノの建築技術の終結と呼べる傑作でしょう。(ネッ引用)

ショッピングモールの先駆けとしてもよく知られていて 芸術的なアーケード街ッて感じ。
「プラダ」の本店がガッレリア中心にあって そのむかいには「ルイ・ビトン」のお店があった
ユーロが140円の円安になって 若い時は 以外と安かったプラダはもう買えないような値段になってます
他にも高級そうな洋服、鞄屋、宝石店などが並んでいるのですが
気後れして入れる雰囲気ではなかった
この画像はネットからお借りしました
人が一杯で いい写真が撮れなかったのでネットから画像をお借りしました
外は雨だけど影響なく歩けました
itamig、11.jpg
ガレリアの入り口付近の画像 雨が降っているにも関わらす全く寒くはなかった
039.jpg
床のモザイクの大理石は見事で 内部はアーケードになっているので傘も不用
プラダの本店が左に写ってます 敷居が高くて入らなかった
ここはガレリアの中心で 4方向にアーケード?が伸びてます
040.jpg
ジャンボの添乗員さんが写ってます 
実は ブログを書いている期間中に娘はフランス、ドイツ、スイス観光
偶然にも同じ添乗員さんで 良かったわ~
アーケードの天井の近くにフレスコ画が見えます
天井付近のフレスコ画はそれぞれヨーロッパ、アフリカ、アジア、アメリカを表し、
このガッレリア中心では野外コンサートや、デザインの展示などが行われるとの事です
右にプラダ本店があります
041.jpg
中心の天井の画像でガラス貼りとなってます
042.jpg
プラダの向にはルイ ヴィトンがあって 装飾もお見事で上の方にフレスコ画がみえます
044.jpg
ベルサーチも中心部にあって 上のフレスコ画あります
046.jpg
中心部の床は モザイク装飾で美しい
047.jpg
このすぐ近くに 床に描かれたフレスコ画のなかに牛のデザインのものがあります
ここのくぼみに踵をのせて3回転すると幸せになれると言われていて
回転している方がたくさんいました
皆が見ているので恥ずかしくてできなかった(画像借りました)
galleria02.jpg

ガレリア観光後は近くにある 大聖堂ドゥオーモ観光となりました
ミラノの象徴、ドゥオーモ 大きすぎて写真をとるには遠くからとなってます

ヨーロッパでは街の中心に神の象徴である教会が置かれ、
それを取り囲むように広がってゆくという形式が多く見られますが
ここミラノでも街の中心でありシンボルとなっているのがこの大聖堂「ドゥオーモ」です。

この大聖堂ドゥオーモは1386年にジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの意向により着工し、
約500年の時を経てナポレオンの命により完成しました。
その壮大な建築は全長158m、幅93m、高さが108mで内部の面積が1万1700平方メートル。
世界最大級のゴシック建築として知られています。
135本の尖塔、2245体の彫刻との融合美はまさに圧巻
の一言です。(ネット引用)

500年もかけて完成 大きな建造物でしかも美しい 
もう おお~って感じですか 感動しました
049.jpg

052.jpg
いい写真が撮れなかったのでネットから画像お借りしました
20140813050342_1414619419_2103_9.jpg
エレベーターで上に上がれるそうで 尖塔を間近に見れることなのですが
時間のとれない観光なので画像お借りしました 見たかったな~
c0061896_23237100_20141019075655d99.jpg
ドゥオーモ内部の写真は有料で撮ることができるのですが
面倒くさくて撮らなかった 画像 ネットから借りました
内部もゴージャスで素晴らしい
amalfi_duomo03_20141019075600b92.jpg

milano_duomo_inside01.jpg

ドゥオーモ付近の画像で 雨なので濡れると嫌なので写真が少なくて残念

053.jpg
054.jpg
夕食はミラノ名物 ミラノ風カツレツでした

飲み物は 水も有料なの主人はでワインと私はビールをチョイス
6ユーロとフランス旅行(4ユーロ)に比べて高くなってました
もう ボッタクリ ビールは小さいにも関わらず¥840 
日本では大戸屋で美味しい食事が食べれます お茶もお水も飲み放題だしね
この有料の価格は日本人だけかもしれない?
右はサフランのリゾット 前菜とのこと
今回のイタリア旅行の食事は前菜、メイン、デザートの3点セットがメニューとの事です
リザットは 具なしで最初は美味しかったのですが 飽きてきます
しかも 後から入店した日本人ツアーのリゾットは海鮮入りでグレードが高くて美味しそう
一体 いくらのツアーなんじゃ と聞きたかった
当初一人30万のツアーに申し込んでいたのですが
20万のツアーでも食事は同じとのことなので 20万にしてよかったわ~
いつも 海外旅行での食事はグルメの日本人からは不満かな?
海外に行っていつも思うことは 日本ってサービスもいいし、食事も美味しいってこと
イタリアンもフレンチも中華も本場を超えているってことで ミシェランの数は世界一だしね
これは勝手に思ったっことなので別の意見もあるでしょうが
海外旅行では 食事には多くを期待しないし まずくなければ良しとのことかな
056.jpg 057.jpg

ミラノ風カツレツは薄く叩いた牛肉のカツレツで家庭的なお味です
サラダはサラダ菜のみドレッシングなしで レモンを絞って食べました
とんかつにキャベツッて感じですかね とんかつには完璧に味は負けてますが
地元の食べ物を食べるっていうのが 旅の楽しみ
本場のイタリアンドレッシングは今回の旅行では出てこなかった
イタリアンドレッシングってイタリアのものか?日本の考案ドレッシングなのかな~
デザートはプリン風なもの まあまあのお味
058.jpg 059.jpg

ミラノ観光後は 水の都ベニスへ移動 遠いです
ホテルはアルバトロスで こんな感じで大した事はない
060.jpg 061.jpg
ベッドは 90CMのシングルで狭っ 
アメニティーは不十分、固形石鹸とボディーウォシャーのみ 
ドライヤーは弱めなので髪の毛が乾かしづらいので
日本から 海外対応の250Wのドライヤーを持って行くことを提案します
日本では 250Wは弱いのですがイタリアでは強い送風になってびっくりしますよ
062.jpg 063.jpg
ホテルでの朝食はこんな感じ 種類が少ない 
食事には多くは期待しないこと 観光がびっくりするぐらい素晴らしいから満足します
064.jpg

明日はいよいよ ベニス観光になります
次に続く











ジャンボツアーズで行ったイタリア旅行記 その1
2014年 10月6日から10月13日までジャンボツアーズでイタリア旅行に行ってました
ほんとは12日に帰るはず関空から沖縄行きが台風の為に欠航になって
翌日の臨時便で帰ってきました
毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます

海外インテイリアサイトのfreshomeトから画像をお借りしての紹介です

当初は ジャンボさんのイタリア旅行8日で一人30万 夫婦で60万のツアーに申し込んでたのですが
後から7日で一人20万のツアー募集があったので 
違いを聞いたらポンペイ観光がないのみ(食事、ホテル、飛行機は同じ)なので急遽変更
夫婦で20万もお得な旅となりました

10月6日

当初のパンフレットでは、関空経由ドーハ経由ミラノ着が
直前になって香港経由ドーハ経由ミラノ着になりました
何と トランジェットが香港で8時間に増えてショック
オプショナルツアーもあるのですが、トルコツアーの時と同じオプショナルツアーで
夕食なしで 女人街散策とレーザーショー
香港 初めてならツアー参加ありですが、2度目ならこれはおすすめしません
女人街の散策時間は短いし安物で尚且つ品質悪くおよそ買えるような物はない上
レーザーショーも2度観る価値はなく、何よりも夕食をとる時間がほとんどありません
香港空港でウィンドーショッピングして美味しい夕食をとることをおすすめします
8時間のトランジェットですが 乗り継ぎを考えると5時間を空港でつぶす事になります

15:30 那覇空港発香港国際空港へ (飛行時間は2時間)

今回 初めての那覇空港の国際線となりました
昨年までは、恥ずかしいぐらいのぼろい空港が、今ではこんな感じになってます
以前に比べて、台湾あるいは中国の旅行客が多くなってます
010.jpg 012.jpg
食事をする所が2箇所あるのですが、沖縄そばでを850円で食べました。
味は普通で空港なので高い。 
007_20141017174315f4a.jpg
香港航空の機内食
多分 肉まん風なものが中に入っていて美味しかった
013.jpg 014.jpg

17:30 香港空港に到着
優の良品 大きいパッケージの日本製?のお菓子が売られてました
016.jpg
ここのお店は 有名みたい鶏料理がテイクアウトできるみたいで並んでいました
017.jpg
ネット検索して 美味しいと評判のいい翡翠で夕食をとりました
ここは、国際線到着ロビーを出た所にあるので探しやすい
025.jpg

1香港ドルは14円なので チャーハンは1230円思ったより高いです

020_201410171805304d0.jpg

小籠包と担々麺が有名で 小籠包を注文 4個で¥530円 以外と高いでしょう
味は美味しい いつもの中国ツアーではもっとまずいものを食べてました
少し 冷え気味だったので台湾ツアーで食べた小籠包の方が美味しかった
021_20141017180531400.jpg  022_201410171805325fc.jpg
ワンタンラー油ソース(672円)とチャーハン(1230円)も食べました
美味しかった
3点2430円 10%の税金がついて一人1300円
市内ツアーでは、観光のみで後で他のツアーと合流したのですが
やはり食事をする時間もなく ストのせいで賑やかな女人街はさけて男人街だったとのこと
可哀想に
023_2014101718053425f.jpg 024.jpg
8時間のトランジェットは やはりメチャ長かった
これからは 香港経由のヨーロッパは御免こうむりたい

10月7日 01:30 香港国際空港からカタール航空でミラノへ (飛行時間9時間)

トルコ旅行の時にも同じ経由でやはりカタール航空
カタールはサービスがいいので好きな航空会社、
日本語のビデオも充実していて、前の座席との間も広めで
歯磨き歯ブラシセット アイマスク 靴下 耳栓ももらえて嬉しい
主人は こちらでもらった歯磨き歯ブラシセットを旅行用で使います
乗客には メニュー表が配られたような?
帰国便の日本語表記のメニュー表は手元にあるのだが
どうも 歳とって記憶力が曖昧で
旅行記も早くに書き上げないと書けるか心配になります

香港航空の食事は普通に美味しかった
029.jpg

05:40 にドーハ国際空港へ到着

030.jpg 031.jpg
金持ちの国の空港 スーパーカーが何台か展示されてます
032.jpg 033.jpg

034.jpg 035.jpg
この巨大なぬいぐるみは なんだ 豪華な空港でこれは無いでしょう
トルコに行くときもあった 不思議なものでインパクトあり
036.jpg

08:25 ドーハ国際空港発、カタール航空でミラノへ (飛行時間6時間25分)
機内食の朝食で、多分オムレツかな 
037.jpg

昼食の主人と私の分で普通に美味しい
027.jpg 028.jpg
ほかにもサービスでチョコレートバーを持ってきたりとサービスには満足でした

2経由で香港でのトランジェットが8時間と長時間で行くだけでもうへとへと

10月7日 13時50時 ミラノへやっと到着
 
次へ続く








Copyright © はまりごと. all rights reserved.