旅行やガーデニングやイルミネーション、インテリア、ショッピング等々のはまっていることについて色々書いていきます!また、こだわりの家づくりについても書いていきます

マレーシア・シンガポール 4都市周遊5日 5日目
韓流ドラマ 見たいものがなくなって
しょうが無いので 花より男子を時々早送りしながら見てます
結構面白い

トンイを見てから韓流にハマったのですが
時代劇は 長すぎて今は見る気にならない
色々 検索していたら驚きの動画を見てしまった
時代劇が 衣装を含めてほとんど全てがファンタジーであること
昔の韓国ってお洒落なんだねと感心したり
年表を調べたりしたのが無意味だったみたい

お気に入りの韓流ドラマは
奇想天外 ファンタジーなものばかり
時代劇もファンタジーなのでいよいよ見るものがなくなったら
面白く見れそうです

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

ありがとうございます


3月17日(月)旅行最終日
沖縄に向けて帰るだけ

ホテルでの朝食バイキング

DSCF6749_201403231300269f5.jpg

DSCF6748.jpg

朝食後 空港へ
10:50 シンガポール発 チヤイナエアーラインにて台北へ(4時間25分)

DSCF6752.jpg

DSCF6755_20140323125946280.jpg

昼食の機内食 デザートが美味しかった
DSCF6758.jpg

台北到着後
台北発の飛行機が遅れて 待ち時間が3時間以上に
台北発 18:00 那覇空港へ
機内食の軽食

DSCF6762.jpg

楽しい旅行となりました

お土産は大した物はないです
自分用にスカーフお5枚 マレーシア購入のココナッツクッキー

DSCF6769_201404061056424e7.jpg DSCF6768.jpg

台北空港で買ったチョコレート マレーシアで購入のココア

DSCF6765_20140406105640b4c.jpg DSCF6763_201404061056386b4.jpg

スポンサーサイト

マレーシア・シンガポール 4都市周遊5日 4日目
旅行記 途中で書く意欲がなくなって
今頃 いやいや書いてます

韓流ドラマ 見ないつもりが無料動画でついつい見てしまって
面白くてまたしてもハマってしまった

イジルメ 昨日ビデオ9・10借りて最終話まで視聴しました
めっちゃ面白かった 
パソコンの16話まで小さい画面でみるんじゃなかった
ビデオの大きい画面でみると より面白い

先週末にも星からきたあなたを無料動画でみたのですが
私的には 今までで一番おもしろかったので
ビデオを借りて もう一度みようかなーって思ってます


毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

ありがとうございます

3月16日 (日) 

この日は ジョホールバル ミニ観光
     シンガポール市内観光
     サンズ・スカイパーク展望台入場
     リバーサイドクルーズ
結構充実した1日でした

午前は マレーシア最南端のジョーホールバルへ

遠くに見えるのがmare-siaで最も美しいと言われる「アブバカール・モスク」
DSCF6612_201404060839109e9.jpg

観光したにも関わらず全く覚えてない
マレーシア観光 本音言うならば大した事ない

DSCF6616.jpg

その後 マレーシアの文化お紹介する「マレー伝統工芸村」を見学

こちらも見るべきところはあまりなくて
踊りをツアー客と一緒に踊って見ただけ
ここが マレーシア最後の買い物ができるところなので
両替(¥5000)した残りのお金お全部使いきって足りない分は円で払いました

DSCF6634.jpg
シンガポールへ

雨の中 蘭園見学

DSCF6641.jpg

DSCF6642.jpg

シンガポールで 昼食の飲茶を食べました
アルコールが高くて ビールのタイガー小缶は何と日本円で¥820

DSCF6649.jpg

左の果物のジュースをオーダーしました 
DSCF6650.jpg DSCF6651_20140406085604b2e.jpg

飲茶は美味しかったのですが 1人1個ずつで物足りなかった

海老アレルギーでもないのに 
20年もアレルギーになるのではと心配で(精神的なもの)食べれなかったのですが 

昨年のスペイン旅行から帰国の関空でもういいやって感じで食べたら 
アレルギーは起きず この頃は海老が食べれるようになっていたので
全ての飲茶が食べれてよかった

DSCF6652.jpg  DSCF6653.jpg

DSCF6654.jpg  DSCF6655.jpg

DSCF6656.jpg

昼食後は シンガポールの市内観光へ

ラッフルズ卿上陸地点
多分 ラッフルズ卿の銅像

DSCF6658.jpg

DSCF6662.jpg

マーライオン公園見学

これは小さいマーライオン

DSCF6666.jpg


マーライオンは 工事中でこんな姿
噂では 小さいと聞いていたのですが
思ったより大きい

DSCF6669_20140406092856fab.jpg

3棟の構想タワー上部に船が乗っているような形で話題になったというか
スマップのソフトバンクのコマーシャルで有名な「マリーナ・ベイ・サンズ」

DSCF6667.jpg

「マリーナ・ベイ・サンズ」のち上200mにある展望台に登りました

高さ165mの世界最大級の観覧車

DSCF6686.jpg

これが有名なプールですが 展望台の脇のほうからチラっと見えるだけでがっかり

DSCF6680_20140406092953543.jpg

DSCF6689.jpg

その後 リトルインディアへ
インド人が一杯歩いてます

DSCF6698.jpg

結構 お洒落な街並みとなってます
DSCF6705.jpg

チャイナタウンは車窓から見学 写真がない

ありえないロープウェイが頭上に

DSCF6708_201404061002523b0.jpg


夕食は中華料理でした
いつも 安いジャンボツアーズで食事はイマイチでしたが
今回は 旅費が高いだけあって食事は美味しかった
日本の中華と比べると やはり日本の中華が美味しいかも

DSCF6719_201404061007467c5.jpg  DSCF6716.jpg

DSCF6715_2014040610074374b.jpg  DSCF6713.jpg

DSCF6710.jpg  DSCF6721_20140406100830021.jpg

DSCF6722.jpg  DSCF6725_201404061008339a5.jpg

夕食後は リバーサイドクルーズ
雨はすっかりやんで 雲ひとつもないほどいい天気になりました

DSCF6727_20140406101516f25.jpg

DSCF6728.jpg

DSCF6729_201404061015191e0.jpg

DSCF6733.jpg

レーザーショーは上海が比較にならないほど素晴らしかった
左に満月が出ていい感じにうつってます

DSCF6734_2014040610164141e.jpg

シンガポールって 観光する所が少ないにも関わらず
カジノや趣向を凝らしたビル・建物を建ててレーザーショーなどもやって
観光客誘致に大成功しているとの事

沖縄は 自然に恵まれていて夏はいいのですが 
冬になると雨ばかりでがっかりな事になります
家族連れの夜の観光もありません

桂林観光の時は夜も楽しめるように色々と工夫されてました
シンガポール観光を終えて 沖縄も冬や雨や夜の観光について
もっと色々と考えねばいけないのではと思う旅行でした

DSCF6742.jpg

シンガポールで泊まったザ エリザベス シンガポールホテル
DSCF6743_201404061019445b3.jpg

今回の旅でここだけベッドはシングル
DSCF6744_20140406101945792.jpg

アメニティーも充実してます

DSCF6745.jpg


マレーシア・シンガポール 4都市周遊5日 3日目
先週末 リーダーズ見ました
面白かった
気になった西国銀行は住友銀行との事
多くの方が検索していてすぐに解りました

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

ありがとうございます

3月15日(土) 3日目
クアラルンプールnのホテルでの朝食バイキング
種類も多くて美味しい

DSCF6479.jpg

DSCF6481_20140323181746035.jpg

ホテルのロビーも素敵
DSCF6483_2014032318174762f.jpg

ホテルを出発して プラウセバン駅へ
DSCF6489_20140323182434f86.jpg

旅愁あふれうマレー鉄道(2等席)の旅との事でした

電車は汚くはないがきれいでないし 美しい風景を楽しんでくださいとの事ですが
感動するほどでもなく びっくりするぐらい速度が遅かった
ありきたりで 車窓写してません

DSCF6490.jpg

このツアー 鉄道の旅を日程にいれたのは 沖縄には鉄道がないせいかもしれません

駅構内で ストールを3枚現地通貨で購入 (¥1000)で購入
マレーシアでの両替は買いたいものがないので¥5000としました
アジアでのお土産は いつも免税店でチョコを購入するため現地通貨があまりいらない
それと円も使えたりするので

DSCF6496.jpg

電車を降りた後は 昼食(ニャニャ料理) 
15世紀ごろ、多くの中国人がマレー半島に移り住み、現地の女性(おもにマレー人)と結婚。
生まれた子供たちのことをプラナカンといい、
彼らが作り出したのが、ニョニャ料理です。
マレー系の特徴である多様なスパイス使いと、中国系ならではの食材を融合させた料理


ニャニャ料理は辛すぎず 中華って感じで口にあって美味しい
DSCF6500.jpg DSCF6502_20140323182503a15.jpg

DSCF6504_20140323182504ea9.jpg DSCF6506_20140323184105ccf.jpg

DSCF6508_2014032318410786a.jpg DSCF6510_20140323184108c54.jpg

DSCF6513_201403231841106b5.jpg

午後は 世界遺産の古都マラッカ観光

西暦1400年にマラッカ王国が誕生し繁栄した後、
400年以上の間にポルトガル、オランダ、イギリスと
ヨーロッパの列強国に次々に支配され、独特の文化を形成した古都・マラッカ
ここはマラッカ海峡における東西貿易の交易点として500年以上に渡り繁栄しました。
街にはヨーロッパの影響を受けた街並みと、地元マレーとの融合で
出来上がった特有の文化を見ることができます。
2008年7月に世界文化遺産に登録されました。
(ネット引用)

DSCF6518_2014032318503863b.jpg

マレーシア最古の中国寺院 晴雲亭(チェン・フー・テン〕寺院

DSCF6522_20140323185040753.jpg

以前 台湾旅行に行った際も同じような寺院を見学
規模も立派さも人の多さも台湾のほうが見応えがあった

DSCF6526.jpg

何か 不思議なものがあったのでパチリ 寺院建設に功績のあった方が岩の上に

DSCF6530_20140323185308a03.jpg

実は このブログ 結構大変な思いをして書いてます
写した写真が何かわからず ネット検索や外語ブックを見て
調べながら書いてます
旅行から帰ってきたら ガイドさんから聞いた事全てわすれてます

多分 お供えの紙でできた物
ヴィトンのバッグもあったりして面白い
手前のでっかい線香
DSCF6540_20140323185402ddf.jpg  DSCF6542.jpg


風情のある街並みを散策
DSCF6545.jpg

マラッカ川 小樽に似てます
DSCF6546_20140323185407497.jpg

中華街からマラッカ川を渡ると オランダ広場があって 
ここには 観光客向けの自転車の派手な乗り物がイッパイ待機してます
中国系は 派手で目立つものが好きみたい
キティーちゃんや電飾を施したり
ぬいぐるみや造花でいっぱい飾ったりして面白い

粋でカッコイイ 日本の人力車と比べると
商売の上手い中国系ってある意味すごいなーって思うのですが

DSCF6550.jpg  DSCF6552.jpg

 東南アジア最古のオランダ建築 「スタダイス」

 「スタダイス」とはオランダ語で議事堂とか市役所という意味があります。
 1641年にポルトガルから支配権を奪ったオランダが、1650年に完成させた建物です。
 スタダイスはマラッカを植民地として占領統括したオランダが行政をする役所、
 およびオランダ総督公邸として、18世紀まで利用していました。
 現在は歴史博物館となって公開されております。
(ネット引用)

 「スタダイス」の前に広がっている所が「オランダ広場」です。ここには余り高くない時計塔が建って
 いますが、この時計塔は、1886年に中国系の或る富豪が建設したものです。ここの噴水は1904年に
 ビクトリア女王の即位60周年を記念で作られたものだそうです。この広場の北側奥に在る教会が
 「ムラカ・キリスト教会」です。この「オランダ広場」はマラッカ旧市街の中心となる場所です。

DSCF6557.jpg

オランダ統治時代に建てられた「ムラカキリスト教会」
中も見れますが 大した事はないです
DSCF6558.jpg

スタダイスの裏手にある丘を登ると、古い廃墟が見えてきますが、
これは1521年にポルトガル軍により、キリスト教布教の拠点として建設された「セント・ポール教会」です。
その後、改築改修を繰り返し、現在でもその姿を留めています。
ここには日本へ布教に来たフランシスコ・ザビエルも滞在していました。
それで山頂には、フランシスコ・ザビエルの像が建っています。
フランシスコ・ザビエルは、このセント・ポール教会で知り合った、日本人とともに
日本へ向かいました。
日本での布教を終えると、いったんマラッカに戻ったザビエルは、中国への布教を計画しました。
しかし、1552年12月に46歳で、中国で病死しました(彼は死後聖人となった)。
ザビエルの遺体は、インドのゴアへ移送する途中9ヶ月の間、マラッカの教会に安置されておりました。

DSCF6568.jpg

丘からの眺望
DSCF6572.jpg

セントポーリア教会 ポルトガル人によって建てられた教会で
後にオランダ人の埋葬所となる
フランシスコ・ザビエルも一時この場所に安置されていた
DSCF6574_20140323185657e5b.jpg

サンテャゴ砦
ポルトガル軍がオランダ軍の攻撃から守るために建てた砦跡
現在は城門と大砲のみが残ってました

DSCF6582.jpg

観光後はバスにてジョホールバルへ(約3時間半)

夕食は海鮮中華料理でした
今回の旅は 旅費も高いだけあって食事は美味しかった
特にこの料理が一番美味しかった

DSCF6585.jpg DSCF6586.jpg

DSCF6589_20140323185800322.jpg  DSCF6591.jpg

DSCF6593.jpg  DSCF6595.jpg

DSCF6597_2014032318590709d.jpg  DSCF6598.jpg

デザートはぜんざいでした

DSCF6601.jpg

この日はジョホールバルのグランドパラゴンホテルに泊まりました
綺麗なホテル出ベッドもダブルで広い
アメニティーグッズも揃ってます

DSCF6605.jpg  DSCF6607_20140323185955b6a.jpg

DSCF6609.jpg  DSCF6611_20140323185958c48.jpg




マレーシア・シンガポール 4都市周遊5日 2日目
今日は嬉しいお知らせから
この度、私のブログ記事を
広島住宅総合館 ⇒ http://www.hiroshima-house.com/ に載せてますいただく事になりました
広島住宅総合館

こちらは とことん我が家流にこだわりたい。安心して相談ができるプロの工務店にめぐり合いたい。
広島で家づくりを考えるそんなあなたに役立つ資料と情報を一度にお届けするポータルサイトです
ちなみにその中の私のブログ記事は→住まいのブログ”カントリーダイニングルームその5”のところです

いつもはインテリア記事がメインですが
運悪く 現在旅ブログを掲載中です
海外インテリア以外にも我が家の家づくりについても過去に色々と書いてます
カテゴリで検索していただければと思ってます


毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

ありがとうございます


3月14日(金)旅行2日目

早朝のため ホテルでの朝食はなく
添乗員さんから 朝食のサンドイッチと飲み物を頂きました(画像なし)

シャトルバスで台北空港へ 出国手続き後

08:10 チャイナエアラインにて マレーシアのクアラルンプールへ
      所要時間:4時間50分 時差なし

機内では 日本語の新作映画のビデオを2本みて快適に過ごす事ができました
此の頃は13時間機内だったりするので 5時間なんてあっという間で
短くさえ感じるほどでした
台湾の飛行機なので 乗客はほとんどアジア系 妙な安心感あり

ナッツと飲み物(画像なし)の後に昼食

ライスアンドフィッシュかチキン・パスタから選べます
パスタを選びました
味は まあまあ美味しい
デザートは美味しかった

DSCF6760.jpg

13:00クアラルンプールへ到着

クアラルンプール国際空港(KLIA)は
「森の中の空港’Airport in the forest, Forest in the airport’」のテーマの下、
故黒川紀章氏が設計に携わり、
建物と森林との調和が随所に見られる造りになっています。
空港内には乗り継ぎ客の為に短時間から利用可能な有料ラウンジやトランジットホテルが完備。
日本語を含む数カ国語での案内表示や、日本語でのアナウンスもあります。

DSCF6752.jpg

大きなきれいな空港で 空港内に植物園のようなドームがあってお洒落

DSCF6380_20140323125725451.jpg

クアラルンプール着後 バスにて市内へ
このバス リクライニングで前の席との空間が広くて
今まで乗ったバスの中で一番快適でした

DSCF6382_20140323125724141.jpg

天気は曇 思ったより暑くない
モヤがかかっているので 帰国後調べたらヘイズとの事

ヘイズとはインドネシアのスマトラ島やカリマンタン島の焼畑農業や山火事の煙や排気ガスなどの微粒子が原因となって起こる大気汚染のことです。

ヘイズはインドネシアの乾季である4月から10月にかけて悪化し、汚染された大気は南西モンスーンによって隣国のシンガポールやマレーシアをも覆い、健康への影響が懸念されるようになります。


午後はクアラルンプールの市内観光でした

マレーシアは人口は約2,831万人(2009年発表)で多民族国家
大部分はマレー系で65%、中国系26%、インド系8%、その他1%で成り立っています

言語は公用語はマレー語ですが、中国系は中国語、インド系はタミール語を話します。

宗教は国教がマレー系民族の多くが信仰するイスラム教で、
その他に仏教、儒教、ヒンドゥー教 、キリスト教、インドネシア系の原住民信仰があります。

気候は熱帯で暑い 降雨量も多いのですが
主に 夕方にスコールが降るとの事でした


現地ガイドは 中国系で日本語は聞き取りづらく
何を言っているかわからないこともあった
以前にも中国人のガイドの時にも同様のことがあって
おそらく 間接語が多く区切りがないのが聞き取りにくさの原因ではと

マレーシア国王の公邸を見学
残念ながら 門の中には入れません

マレーシアの国王は
マレーシアの9つの州のスルタンの中から5年ごとに選挙で選ばれるとの事

DSCF6387.jpg

門の両端には 衛兵が立ってます
台湾の衛兵の方がカッコよかった
恐れ多くも 中国人観光客が 中に入って一緒に記念写真を撮っていました
いいんだろうか

DSCF6400.jpg

遠くにモスクのような王宮が見えます
DSCF6396.jpg

クアラルンプールのシンボル ペトロナス・ツインタワーを外から見学

日本と韓国の建築会社が建造した88階建て、452mの世界で一番高いツインタワー。
イスラム的なデザインが美しいマレーシアのシンボルです。
41階(地上170M)に架けられたスカイブリッジからはクアラルンプール市内の街並みを一望できる。
また、ショッピングセンターのスリアKLCCや水族館、コンサートホールが併設されており、
周りにはKLCC公園など憩いの場もあります。


夜景が美しいとの事で画像お借りしました

2536396115_c513bc5471.jpg

街並みは近代的な高層ビルが並び
日本と変わらぬ風景 ゴミも余り見られず清潔

DSCF6411.jpg

庶民の台所 マーケットを見学
見たことのない物がイッパイ揚げて食べるとの事です

DSCF6415_20140323142018b60.jpg
熱帯の果物が 安い値段でkgで売られていました

DSCF6418_20140323142020aa8.jpg

グロテスクすぎて 写さなかったのですが 豚・牛・山羊の頭も店頭に並んでいました

DSCF6420_20140323142215542.jpg

モニュメント
DSCF6424.jpg

国家記念碑
高さは約15メートル。これはアメリカ人彫刻家のフェリックス・デ・ウェルドンの作品で
アメリカ人に作成を依頼したため、7人の兵士の顔が西洋風になってしまったとの事
マレーシアが独立のために戦った相手には、日本も含まれるとの事
DSCF6426.jpg

DSCF6427.jpg

国立モスクを外から見学
マレーシアのモスクといえば半球型の屋根が一般的ですが、
国立モスクはブルーの星形になっています。
その横に、ミナレットとよばれる尖塔がすっと天に向かって伸びています。

DSCF6434_20140323142404051.jpg

内部に入れなかったので画像お借りしました

c11f01.jpg

スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧連邦事務局ビル)
クアラルンプールを象徴するエキゾチックな最高裁判所

1894年に、イギリス人建築家A.C.Normanの設計によって建てられた、ムーア様式のレンガ造りのビル。
全長約137mもある巨大な建物で、中央にある時計塔の高さは40m。
クアラルンプールの象徴のひとつとして親しまれている。
イギリス統治時代は行政府の事務局だったが、現在は最高裁判所として使用されているため、
内部の見学はできない。
(ネット引用)

DSCF6438.jpg

独立広場 メインの所は工事中で入れなかった

DSCF6439.jpg

見学後は 夕食のマレーシア料理
日本の鍋料理とそっくりで
味も薄味で口にあいました

鍋に入れる水ギョウザ

DSCF6450_201403231544512f7.jpg

きくらげ・海老・豚肉も鍋に入れてました
ウエイトレスさんが 当分に分けてくれるのですが
自分で好きなものをゆっくり食べたかった

DSCF6453.jpg

肉まんも美味しかった
DSCF6458.jpg

締めはなんとビーフンに沖縄そばそっくりの麺

DSCF6468.jpg

この日は クアラルンプールのホテルで泊まりました
ドーセットリージェンシーホテルは 部屋も広くて
ベッドもダブルでアメニティーの揃ったいいホテルでした

DSCF6475_20140323154530ed6.jpg

DSCF6477.jpg

今日のクアラルンプールの感想
観光地がたいした事がなくがっかり
全て 外からの観光だけ 1人15万も払った割にはがっかり
タイは8万で見どころ多くよかったと
ついつい 他の観光地とくらべてしまう
でも 多いに楽しまないともったいない
翌日に期待することにしました

マレーシア・シンガポール 4都市周遊5日 1日目
マレーシア・シンガポール 4都市周遊の5日のツアー旅行に
行ってきました(3月13日から17日)

毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

ありがとうございます

当初は ジャンボツアーズでカンボジアに行くつもりが
旅行出発4日前に不手際でドタキャン
幸いにも違約金を夫婦で6万円を頂きました

今度は沖縄ツーリストにバリ旅行を申し込みに行ったら
ツアー企画が不人気で全て中止

急遽 沖縄ツーリストのマレーシア・シンガポール 4都市周遊の5日の旅に
申し込みました
旅費 夫婦2人で30万円で ジャンボにくらべると高い
夫婦でニコニコ会員で一人1月に¥5000の積立
1年でプラス¥5000となります
いつも 安いジャンボを利用しているの積立金で
払う事ができました
海外は安いジャンボ 国内は旅費に差がないのでツーリストと決めているのですが
この頃は海外旅行が多いので積立金が沢山たまっていました

バリの海での事故やマレーシア航空機など色々とあったので
ちょっと心配だったのですが 無事 何事もなく帰国できました

3月13日(木曜日) 

フルタイムで仕事を終え
慌ただしく那覇空港新国際ターミナルへ

新国際ターミナルは 今年の2月17日からオープン
以前は恥ずかしいほど古くて小さくて小汚いターミナルでした
今は こんなに立派になり今回初めて利用

international.png

DSCF6363.jpg

ツーリストは お高いだけあってサービスがいい

機内食では お腹がすくだろうとの事で夕食のお弁当がついてました

日程表も立派 ガイドブックも貰いました
色々な書くべきものも全て書かれていて
当日の集合時間・モーニングコールなど毎日の細かいスケージュールも
書かれたものを渡されました

ボリュームのある美味しいお弁当
国際ターミナルで食べました

DSCF6362_2014032307584641f.jpg
DSCF6359.jpg

20:40 那覇発 チャイナエアライン便で台北へ
      所要時間:約1時間35分 時差-1時間

機内食の軽食
DSCF6762.jpg

台北着(21:30)後 入国手続き後
空港のシャトルバス(20分)で タオユアンホテル(桃園大飯店)へ
この日は ホテルに泊まって翌日にマレーシアに出発です

ロビーが豪華

DSCF6370.jpg

ベッドもダブルが2つで 部屋も広かった
クーラーが効きすぎて寒かった
オンかオフのみで温度調節ができなかった 

DSCF6374_201403230830259ed.jpg

アメニティーは 歯ブラシもついているし
ドライヤーもあって問題なし

遅くに到着と 寒くて夜中眠れなかった

Copyright © はまりごと. all rights reserved.